気がつけば、稲盛さんと同じような道を歩いてきた 永守重信(日本電産会長)

日本電産会長の永守重信氏は稲盛氏より一回り年下の申年生まれ。共に京都の地で創業し、多くの苦労の末に町企業を一兆円企業に育て上げたという共通点もある。巷間、稲盛氏をライバル視し、闘争心を燃やしてきたとされる永守氏だが、永守氏にとって稲盛氏はどのような存在なのだろうか。76歳のいまも事業に情熱を燃やし続ける永守氏にお聞きした。

稲盛さんも京セラという会社も、「誰にも負けない努力をする」という稲盛さんの言葉そのものでした。そのくらいの姿勢で仕事に打ち込まないと、綺麗事だけでは会社は成長していかない。

永守重信
日本電産会長

 稲盛さんに出会って、また京セラという会社に出会って日本電産の方向性が定まった。そのことは間違いないですね。「成長企業とはこうあるべきだ」という、いわば一つのお手本を得ることができました。我われが掲げている「情熱、熱意、執念」「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる(最後までやる)」という企業理念も、そうやって京セラを追いかける中で生まれたんです。

プロフィール

永守重信

ながもり・しげのぶ――昭和19年京都府生まれ。42年職業訓練大学校(現・職業能力開発総合大学校)電気科卒業。48年日本電産を設立し社長に就任。小型モーターで世界的に事業を拡大。現在は会長兼最高経営責任者(CEO)。平成30年京都先端科学大学を運営する学校法人理事長に就任した。著書に『情熱・熱意・執念の経営』(PHP研究所)など。


編集後記

稲盛さんと同じく京都で創業し町工場を一兆円企業に育てた日本電産会長・永守重信さんにとって稲盛さんはどういう存在だったのか。稲盛さんの背中を追い、情熱を滾らせる永守さんの姿が目に浮かびます。

特集

ピックアップ記事

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる