≪ 期間限定 ≫ お友達ご紹介で非売品「致知物語」をプレゼント!

『致知』を定期購読されている方のご紹介で、
お友達が新規に定期購読をお申し込みされた場合、
お申込み者・ご紹介者それぞれに
プレゼントがもらえるキャンペーンです。

申込締切日 715

「『致知』に出逢って人生が変わった」
「もっと早く出逢いたかった」
『致知』ご愛読者の皆様から、このようなお声をよくいただきます。
『致知』をまだご存じない方に、『致知』と出逢っていただけるように、
また、『致知』を日ごろよりご紹介くださっている皆様への感謝の思いを込めて、
小冊子「致知物語」(非売品)をプレゼントいたします。
どうぞお知り合いの方にも『致知』に出逢っていただき、
より良い人生を歩んでいただけましたら、この上もございません。

※申込時、動機詳細にご紹介者様のお名前をご記入ください。

紹介特典 ~小冊子「致知物語」~

会社には、会社のストーリーがあります。
雑誌にも、雑誌のストーリーがあります。
創刊から41年の歴史を持つ月刊誌『致知』にも、

『致知』ならではのストーリーがあります。
そんな『致知』の歩みをまとめた小冊子が「致知物語」です。

 

創刊当初、「こんな堅い雑誌、誰にも読まれるわけがない」と言われながらも、当時、創刊メンバーだった藤尾秀昭が、編集長に指名されるとともに、オーナーからかけられたこの言葉が、若い編集者の心に火をつけました。

「藤尾君、一つの雑誌をものにするのは男子一生の仕事に値する」

「『致知』はいま、小さな苗木だ。この苗木を大木にしてみろ」

そこから、『致知』という苗木を大木にしていくための歩みが始まっていったのです。

お客様の声

  • 部下へ

    仕事をしていると、「なぜ、こんなことが起きるのだろう?」「こういう時、どう判断すればよいのだろうか?」と嘆き、悩む時があるはずです。そんな時、自分の心の拠り所となり、進むべき道を示してくれるのが月刊誌『致知』です。私も8年前、一番苦しんでいた時に尊敬する上司から勧められ、読み始めました。良かったら、読んでみてください。

    (東京都・井出 寛 様・45歳)

  • 大切な友人へ

    「人生には、3つの坂がある」と言われますが、それぞれの坂に直面した時、どのような心境、姿勢で向き合うのか、それが、その人の人生の分岐点になります。『致知』には、生き方の模範となる教えが散りばめられていて、きっとあなたの心の糧、支えになるはずです。大切なあなただからこそ、お勧めします、是非、読んでみてください。

    (福岡県・吉浦 為三 様・73歳)

  • 「もっと成長したい!」と強く前に進みたい時。「最近上手くいかないことばかり。自分の心を整え、磨きたい。」と弱気になり、何かに頼りたい時。人生生きていると、両方の気持ちが交互しますが、どちらの気持ちの時にも、ぶれずに読みたくなる本が、唯一「致知」です。多くの人に、特に同世代にぜひ勧めたい書物です。

    (愛知県・笹木 郁乃 様・34歳)

  • 私が尊敬する女性起業家さんからの紹介で致知に出会いました。実際に読んでみて、幅広い年齢層の方々の経験や人生観を知ることができ、勉強になる雑誌だなぁと感じました。普段接する機会のない世代の方々の、歩んできた道に触れられることは、とても新鮮です。人生の指針になる雑誌だと感じています。

    (大分県・香月 広美 様・35歳)

全国に11万人の方が愛読する月刊誌『致知』

人間学を学ぶ月刊誌『致知』
あなたを動かす「心の糧」を毎月お届けします。

1年間 (全12冊)

定価 12,600円

10,300 (税込/送料無料)

1冊あたり約858円

3年間 (全36冊)

定価 37,800円

27,800 (税込/送料無料)

1冊あたり約772円

※申込時、動機詳細にご紹介者様のお名前をご記入ください。

各界のリーダーも『致知』を愛読しています

稲盛和夫 氏

稲盛和夫 氏

京セラ名誉会長/日本航空名誉顧問

 日本人の精神的拠り所として、長きにわたり多大な役割を果たしてこられたことに、心から敬意を表します。
『致知』は、創刊以来、人間の善き心、美しき心をテーマとする編集方針を貫いてこられました。近年、その真摯な姿勢に共鳴する読者が次第に増えてきたとお聞きしています。それは、私が取り組んでまいりました日本航空の再生にも似て、まさに心の面からの社会変革といえようかと思います。
 今後もぜひ良書の刊行を通じ、人々の良心に火を灯し、社会の健全な発展に資するという、出版界の王道を歩み続けていただきますよう祈念申し上げます。

王貞治 氏

王貞治 氏

福岡ソフトバンクホークス取締役会長

『致知』と出会ってもう10年以上になる。人は時代の波に振り回されやすいものだが、『致知』は一貫して「人間とはかくあるべきだ」ということを説き諭してくれる。人生において、そうしたぶれない基軸を持つということがいかに大事であるか、私のような年代になると特に強くそう感じる。最近では若い人の間にも『致知』が広まっていると聞く。
 これからは私も『致知』に学ぶだけでなく、その学びのお裾分けを周りの方にしていきたいと考えている。

  • 千玄室 氏
    茶道裏千家前家元

    千玄室 氏

    『致知』は素晴らしい内容が豊富に掲載され勉強になる。知ることのために熟読する。いまは亡き安岡正篤先生の教えも伝えられる。知ることの「行い」そして行いはまた「知」である。即ち実体化となる論は、正に「知行合一」で、今日の情報多様化の時代に必要なものである。

  • 松岡修造 氏
    プロテニスプレーヤー

    松岡修造 氏

    僕と『致知』との出会いは1995年、ウィンブルドンベスト8に入った年だ。『致知』は僕に世界で戦うために必要な“精神”を教えてくれた。そして今『致知』から学んだことを応援という形でたくさんの人達の心に響く言葉として、これからも伝え続けたい。

  • 北尾吉孝 氏
    SBIホールディングス社長

    我われは「人間いかに生くべきか」「人間いかに死すべきか」という問題に必ず直面します。これらの問題の答えを探し続け、自己の修養に努める時、『致知』は多くの先哲の知恵を提供してくれる稀有な雑誌であります。

  • 大村智 氏
    ノーベル生理学・医学賞受賞者/北里大学特別栄誉教授

    私は『致知』を長年愛読しており、私の生き方はこの雑誌の影響を色濃く受けていると思っております。

『致知』が選ばれる4つの理由

  • 理由 1

    大手企業の経営者や各界のリーダーの
    思想、哲学が分かる

  • 理由 2

    日本で唯一人間学が学べる月刊誌

  • 理由 3

    全国1,200社の企業が社員教育に採用されるなど、
    社業発展につながる

  • 理由 4

    時事問題から東洋古典まで幅広いジャンルの見識を
    得ることができる

※申込時、動機詳細にご紹介者様のお名前をご記入ください。

人気のバックナンバーのご紹介

定期購読をされている方にはバックナンバーも販売しています。

  • 2018年5月号
    表紙の人/稲盛和夫(京セラ名誉会長)
  • 2017年10月号
    表紙の人/羽生善治(将棋棋士)
  • 2012年12月号
    表紙の人/五木寛之(作家)
  • 2013年8月号
    表紙の人/三浦雄一郎(冒険家)
  • 2014年7月号
    表紙の人/白鵬 翔(第69代横綱)・山下泰裕(全日本柔道連盟副会長)
  • 2014年8月号
    表紙の人/坂東玉三郎(歌舞伎俳優)
  • 2015年1月号
    表紙の人/新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • 2016年10月号
    表紙の人/山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長)
  • 2016年12月号
    表紙の人/井村雅代(シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ)
  • 2018年7月号
    表紙の人/松岡修造(スポーツキャスター)・道場六三郎(銀座ろくさん亭主人)

キャンペーン内容

紹介キャンペーンは、致知を定期購読されている方の紹介で、お友達が新規に定期購読を申込むと、ご紹介者様に特典として小冊子「致知物語」をお届けするキャンペーンです。

『致知』定期購読者を対象といたします。被紹介者が、『致知』定期購読を新規にお申込みいただき、かつ、ご紹介者名欄に、紹介者情報(お名前および読者番号もしくは電話番号)を明記いただくことを条件とします。

 

プレゼントについて

お友達をご紹介くださったごご紹介主様へのプレゼントは、被紹介者からのご入金確認後2週間前後の発送となります。
予めご了承くださいませ。

 

ご希望のご購読期間とお申し込み方法をお選び頂けます

定期購読は1年と3年からお選びいただけます。

1年間 (全12冊)

定価 12,600円

10,300 (税込/送料無料)

1冊あたり約858円

3年間 (全36冊)

定価 37,800円

27,800 (税込/送料無料)

1冊あたり約772円

お申込み方法

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い