初めての方へ

『致知』とは

『致知』ってどんな雑誌なの?

月刊『致知』は有名無名やジャンルを問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号紹介しています。書店では手に入らないながらも、40年間、口コミで増え続け、11万人に定期購読されている日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌です。

誌名『致知』の由来

『致知』という名前は東洋の古典『大学』にある「格物致知(かくぶつちち)」に由来します。 とかく現代人は、知識や情報にばかり囚われがちですが、頭で分かっているだけの知識や情報はあまり役に立ちません。
体験することによって初めて、その知識や情報は生きる力になると言えるでしょう。 実践を通して本物の知恵を身につける、という意味を込めて、誌名を『致知』と名づけました。

『致知』の特徴

『致知』が選ばれ続けている5つの理由

  1. 1

    40年の歴史を持つ
    日本で唯一人間学が学べる
    月刊誌

    過去にも未来にもたった一つしかない、
    この尊い命をどう生きるか――
    それを学ぶのが人間学です。歴史や古典、先達の教えに心を磨き、自らの人格を高め、それを道標に、自分にしか生きられない一回限りの人生を豊かに生き抜くべく努め励んでいる人はたくさんいます。そういう一流の人たちの生き方に学ぶという編集方針を貫くこと40年。『致知』は日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌となっています。

  2. 2

    11万人を超える
    定期購読者

    昭和53年の創刊時、こんな堅い雑誌は誰も読まないと言われながらも、徐々に口コミで広まっていき、現在では、経営者やビジネスマン、公務員、教職員、主婦、学生など幅広い層に支持され、国内外に11万人を超える熱心な愛読者を得ています。

    『致知』の感動を語り合う地域ごとの愛読者の会「木鶏クラブ」は国内外に150支部あり、その輪は全国各地、海外にも広がりを見せています。

  3. 3

    日本一プレゼント
    されている月刊誌

    大切なあの人にも『致知』の感動と学びを届けたい。
    そんな思いから親から子へ、上司から部下へ、
    先輩から後輩へ、先生から生徒へ……
    様々な形で毎月3万人以上の方々に
    『致知』の年間贈呈をご利用いただいています。

  4. 4

    全国1,200社
    企業が社員教育に採用

    『致知』をテキストとして学び合い、人間力を高める社内勉強会「社内木鶏」。現在、全国1,200社の企業で実施され、「社長と社員の思いが一つになった」「組織のベクトルが揃った」「社風が良くなった」「業績が改善した」など、社業発展にお役立ていただいています。

  5. 5

    各界の
    リーダーも愛読

    『致知』は政治、経済、スポーツ、学術、教育など
    各界を代表する著名な識者の方々からもご愛読いただいています。

動画で見る『致知』

『致知』の読み方

実際に『致知』が届いたけど、どこから読み始めていいのか分からない……。
そんな方のために、ご参考までに「『致知』の読み方」を3パターンご紹介いたします。

    • 1

      お届けする透明の封筒を開きながら、表紙と特集タイトルを確認する。

    • 2

      目次の次にある編集長書下ろしの「特集前書き」をさっと読む。

    • 3

      ちょうど中央にある「致知随想」から読んでいく。
      一つの記事が短いので、切りのよいところで中断できます。

    • 4

      後にまとまった時間ができたら、特集の中から興味を引かれたタイトルや登場人物の記事を読んでいく。

    • 1

      表紙を見て、特集テーマを確認する。

    • 2

      目次の次にある編集長書下ろしの「特集総リード」に目を通す。

    • 3

      目次を開き、興味を引かれたタイトルや登場人物の記事を読んでみる。それを繰り返す。

    • 4

      特集を読み終えたら、連載目次から興味を引かれたタイトルや登場人物の記事を読んでみる。

    • 1

      透明のビニール封筒から『致知』を抜き出し、表紙、および特集テーマを噛み締める。

    • 2

      目次の次のページにある編集長書き下ろしの「特集総リード」をじっくり読む。

    • 3

      目次に戻り、トップの記事から順を追って読んでいく。

お客様からの声

  • 人を育てる立場になって……

    『致知』を贈っていただきありがとうございます。今さらですが改めて「読む」「考える」ことの大切さを感じることができました。会社でも、家庭でも、人を育てる立場になりましたが、そのためには自分が学び続ける必要があるのだと思いました。

    津田雄介様

  • 私の大切な教科書です

    はじめて『致知』が届いたときは、内容が難しすぎて読むのが大変だなと思いました。でも毎月読んでいくうちに、だんだんと理解できるようになってきました。成功例も失敗例も書いてある有名人の記事は営業職の私にとって、とても勉強になりますし、人間としてももっと成長しなくてはと考えさせられる私の大切な教科書です。

    川﨑典子様

お客様からの声をもっと見る

『致知』の想い

いつの時代でも仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人はいる。
そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう。

編集長からのメッセージ

社長メッセージ

購読料とお申込み方法

定期購読は1年と3年からお選びいただけます。

1年間(全12冊)

定価 12,600円

10,300 (税込/送料無料)

1冊あたり約858円

3年間(全36冊)

定価 37,800円

27,800 (税込/送料無料)

1冊あたり約772円

お申込み方法

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

まずはメルマガで『致知』を読んでみたい方へ

『致知』では、雑誌だけでなく公式メルマガ「人間力メルマガ」(無料)を運営しております。
ご登録者様には、月刊『致知』の読みどころやお得な情報をお届けしています。

その他のメルマガご案内はこちら

よくあるご質問

お客様から寄せられたご質問を紹介します。

未読者の場合、『致知』の単冊販売は行っておりません。HPに立ち読みコーナーがございますので、ご参考ください。

今後の刊行予定については、当サイトやオンラインショップに掲載するほか、弊社の公式メールマガジンでも不定期にお知らせしています。また今後は、メールでのご案内をさせていただく場合もございます。

HPよりお申込みいただけます。

ご登録専用ページより、メールアドレスをご入力くださいませ。https://www.chichi.co.jp/mailmaga/

上記以外のご質問や『致知』へのご要望、ご質問は下記ページをご覧ください。