『致知』に寄せられたお客様の声

『致知』を読んでのうれしいお便りがたくさん届いています。 ご感想の一部を紹介いたします。
※皆さまの声をお寄せください。ご応募心よりお待ちしています。

    • 砂漠の中で水を 与えてくれた『致知』

       私は1982年大型トラック製造会社に入社し、それ以来エンジニアとして全力で突っ走ってまいりました。
       開発の仕事というものは、途中の道で多くの難所、行き止まり、登りきれない坂があります。何度も立ち往生しながらも、何とか歯を食いしばって乗り越えてきました。乗り越えた時、大きな達成感とやりがいとともに自分が成長している実感が次の挑戦に繋がっていました。
       しかし、どうしても走り切れない時がやってきました。部署異動があり、職種が大きく変わり最も得意でない仕事で心身ともに疲れ果て、入社以来初めて「これまでか、リタイヤか」と思うようになりました。
       そんな時、会社の先輩から『致知』を紹介されます。2012年です。『致知』はダカールラリーで譬えると、砂漠の中で砂嵐にあい、立ち往生して一歩も進めず、喉が干上がり疲れ果てて諦めかけている時、命懸けで飛んできてくれた救助ヘリコプターのようでした。水に相当する『致知』の一ページ一ページは、乾いた心を大きく潤し、私を完全に復活させてくれました。その水の味は一生忘れません。
       
       

      山梨県 会社員 折笠公徳様(61歳)

    • 『致知』を読み伝えてきた 創業者の精神

      私が『致知』を読み始めたのは、かれこれ30年以上前のことです。マヨネーズやドレッシングで知られるキユーピーの専務時代でした。
       その頃、顧問を務めてくださっていた三菱商事の後藤潔さんから「いい月刊誌があるから」と薦められ、それ以来、84歳になる現在まで愛読しています。「この人は」と思う人には一年間の購読をプレゼントし、喜んでいただいています。
      『致知』を読み始めたのには、一つの理由があります。創業者・中島董一郎(一八八三~一九七三年)の思いを、社員に分かる形で伝え、かつそれを残しておきたいと思ったのです。中島の清廉潔白な人生や経営に対する考え方と『致知』の説く教えはどこか通じ合うものがあり、『致知』に登場する経営者の言葉や古典の教えを交えながら伝えれば、社員はより深く理解してくれるのではないか、というのが私の思いでした。
       大正時代、若き中島は留学先のアメリカでマヨネーズと出合います。日本人の栄養不足の現状を鑑み、「マヨネーズによって日本人の体を元気にしたい」という志を立て、それを生涯貫きました。
       その中島は最晩年、「世の中というものは存外公平である」という言葉を残しています。
       ある時は正直者が馬鹿を見て、ずるい者が得をしたり、横着な人が仕合わせであったりするように見える場合が往々にしてあるが、永い目で見ると誠実な人、道義を重んじる人が認められるというのが世の中である、というのです。実際、中島は「こんな人間がいるのだろうか」と思うくらい頑なに道義を大切にする実直な人でもありました。
       ・・・とはいいつつも、創業者が他界して随分と時が流れ、その謦咳に接した社員が減るにつれて、創業の精神が少しずつ薄れていったことも確かでした。『致知』から学んだ先哲の言葉や数々の実体験、私の拙い体験を交えながら、創業者の思いを後世に伝えておくことは、中島に厳しく叱られながら育てられた最後の世代としての大切な努めだと思ったのです。
      『致知』を読むことによって、これからも自分を磨き、私を育ててくれた創業者の思いに一歩でも近づきたいと思うこの頃です。

      神奈川県 キユーピー元副社長 上原隆雄様(84歳)

    • 「これを読みなさい。必ず役に立つから」

      私の『致知』との出会いは、妻の父親から「これを読みなさい。必ず役に立つから」とすすめられ、まだ数か月です。これから一つ一つかみしめつつ、しっかりと読んで次世代に伝えるのも役目だと私は思っております。
      家族で共有しながらしっかりと学んでまいります。この出会いを大切にしてまいります。ありがとうございました。ちなみに父親は千葉に住んでおります内田寛です。

      埼玉県 山田康博 様
    • 災害で心の支えとなった「致知」

       日本列島は猛暑の今日この頃です。貴社におかれましては益々ご発展のこととお喜び申し上げます。私は今回、西日本豪雨の被害をこうむった岡山県倉敷市真備町箭田に住まいする『致知』の愛読者です。一言お礼が言いたくてペンを取らせていただきました。
       7月7日西日本豪雨で約30年間愛読した『致知』と致知出版社の本、今までコツコツと築き上げてきた家が、水害のため一瞬のうちに失われました。
       妻が被害の大きさのショックと心身の疲れで病院にまいりました。待合室に『致知』の月刊誌がありました。段ボール箱に「自由にお持ち帰り下さい」と書かれた中に二冊の『致知』がありました。2011年9月号と2017年3月号でした。これから先、私が復興に向けての心のよりどころと指針になる内容が書かれていました。病院の方の了解を得ていただいて帰りました。
       毎月初めに楽しく読ませていただいておりましたが、愚かな私は災害に遭い、改めて『致知』のすばらしさが身に染みてわかりました。一人でも多く『致知』の読者が増えることを望んでおります。
       これからも精いっぱい頑張っていきたいと存じます。貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。
                

      岡山県 小林敦二様

123