人間学とは

過去にも未来にも
たった一つしかない、
この尊い命をどう生きるか
──それを学ぶのが人間学です



人間学を学ぶことは人間力を高めることに繋がります。
仕事をするうえで、人間力は非常に重要なことです。
『致知』では、人間力をいかに高めるかを、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の体験や
そこで得られた英知から学ぶことができます。


コラム:4つの不変の真理

Column

4つの不変の真理

いま、時代は目まぐるしく変化しています。
こういう時代に生きていると、絶対に変わらない不変の真理などないように思えてきます。
しかし、いかに時代が変化しようとも、絶対に変わらない不変の真理は厳然としてあります。
いろいろないい方ができますが、ここでは4つのことを挙げます。

一つは、「人間は必ず死ぬ」ということです。

この世に生まれて死なない人は一人もいません。生者は必ず滅します。
宇宙が始まって以来の絶対不変の真理です。

二つ目は、「自分の人生は自分しか生きられない」ということです。

子供が病気になり苦しんでいる時、親は代わってやりたいと思います。
しかし、その子の人生はその子にしか生きることができません。
人生に代役はないのです。

第三は、「人生は一回限りである」ということ。

人生は繰り返すことができません。人生にリハーサルはありません。
幕末の儒者、佐藤一斎は
「百年再生の我なし。それ曠(こう)度(ど)すべけんや(百年後再び生まれてくる自分ではない。
それ故、日々を虚しく生きてはいけない)」
といっています。一斎はその思いを強く持って生きていた人であったから、
後生に残る仕事ができたのだと思います。

第四は、「この悠久の宇宙の中で、
自分という人間は過去にも未来にも一人しかいない」ということです。

これは本当にすごいことです。
150億年前にビッグバンが起こり、40数億年前に地球ができました。
その地球に生命が芽生え、やがて人間が誕生します。
以来、どれほどの人がこの世に生を受け、亡くなっていったか計り知れませんが、
しかし、自分と同じ人間は一人もいなかったし、これからも生まれてこない。
私たちは実に奇跡のような生命を生きています。

「天(てん)上(じょう)天(てん)下(げ)唯(ゆい)我(が)独(どく)尊(そん)」
お釈迦様の言葉は、この事実を示しているのだと思います。

過去にも未来にもたった一つしかない、この尊い命をどう生きるか
──それを学ぶのが人間学です。

古来、先知先達の教えに心を磨き、自らの人格を高め、それを道しるべに、
自分にしか生きられない、一回限りの人生を豊かに生き抜くべく努め励んだ、
たくさんの人がいます。

私たちもそういうすぐれた先人たちの生き方に学び、
このたった一つの尊い命を輝かせたいと思います。

偉人たちの人間学

生前、それぞれの分野で人間学の道を究め、
その教えによっていまなお多くの人たちの心を照らし続けている。
ここでは、そんな偉人たちの歩んだ軌跡、残した言葉を紹介します。

「四書五経」に学ぶ人間学

古来、私たち日本人の祖先は中国古典を読むことによって、自らを磨き、高めてきました。
一言で中国古典といっても膨大な数に及びますが、その中で特に代表的な九つの経典を
総称して「四書五経(ししょごきょう)」といいます。

もっと見る