「常に全力疾走だ」を肝に銘じて 山中伸弥(京都大学iPS細胞研究財団理事長)

社会や医療、高齢者や基礎疾患をお持ちの方を守るために、旅行や会食等を我慢する。これはまさに利他です。コロナ禍のいまこそ利他の心が私たちに求められているのではないでしょうか

山中伸弥
京都大学iPS細胞研究財団理事長

 稲盛さんの利他心が具現化した最たるものが「京都賞」だと思います。私自身、京都賞を受賞する前後に、幾つか国内外で賞をいただき、授賞式に参加し、主催者の方のお話を拝聴してきました。そこで感じたのは、京都賞以外の賞は科学的な研究業績を評価基準にしているのに対し、京都賞では研究業績は評価の一部にすぎず、それよりも「いかに世のため人のために貢献しているか」に重きを置いていることです。

プロフィール

山中伸弥

やまなか・しんや――昭和37年大阪府生まれ。62年神戸大学医学部卒業後、整形外科医を経て、研究の道に進む。
平成5年大阪市立大学大学院医学研究科修了。アメリカ留学後、奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター教授、京都大学再生医科学研究所教授などを歴任し、22年より京都大学iPS細胞研究所所長。令和元年より京都大学iPS細胞研究財団理事長兼任。アルバート・ラスカー基礎医学研究賞、ウルフ賞、京都賞、ノーベル生理学・医学賞など受賞多数。稲盛和夫氏との共著に『賢く生きるより辛抱強いバカになれ』(朝日新聞出版)。


特集

ピックアップ記事

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる