その他の東洋古典の名言 王文成公全書

明代の思想家・王陽明の語録や書簡を門人の徐愛・陸澄・薛侃がまとめたもの。三十八巻。語録三巻、文録五巻、別録十巻、外集七巻、続編六巻、附録七巻と分かれており、王陽明の代表作として知られる『伝集録』はこのうちの語録三巻に含まれる。


学は志を立つるよりも先なるはなし

(学んで自分を磨くためには志を立てることが先決である)

志立たざるは、舵(かじ)なきの舟、銜(くつわ)なきの馬の如(ごと)し。漂蕩奔逸(ひょうとうほんいつ)して、終(つい)にまた何の底(いた)る所ぞや

(志が立っていないのは舵のない舟やくつわのない馬のようなもの。波のまにまに漂ったり、勝手に走り出したりして、どこへ行き着くか分からない)

山中の賊(ぞく)を破るは易く、心中の賊を破るは難(かた)し

(山の中の賊を破るのは簡単だが、心の中の賊を破るのは難しい)

古典・歴史・人物が学べる
人間力メルマガの登録はこちら