一万冊の読み聞かせで我が子を育む 佐藤亮子(浜学園アドバイザー)

3男1女全員を理系最難関の東大理Ⅲへ進学させた佐藤亮子さん。我が子の笑顔を第一に試行錯誤を重ね、愛情の限りを尽くして実践した家庭教育の1つの柱が、1万冊の絵本の読み聞かせだったという。読み聞かせの効用を交え、子育てに込めてきた母親の思いを伺った。

佐藤亮子
浜学園アドバイザー

 私が子供を育てる時に目標にしたのは、自活、つまり自分の力で稼いで食べていける子に育てることでした。社会に出る時に十分な能力が身についていなかったら、仕事の選択肢がグッと狭まるでしょう。ですから、子供が納得できる仕事を選べるだけの能力を養って、幸せな人生を歩んでいけるようにサポートしてあげるのが、親の役目だと私は思うんです。
 そのために必要なのが、基礎学力です。最初に読み書き計算という基礎学力をがっちり身につけておかないと、中学、高校でいくら勉強しても、ガタガタな土台の上には何も載らないんですよ。だから、家庭学習を通じて基礎学力をしっかり養うことの大切さを、お母さん方にお話しするんです。

――家庭で基礎固めをするためのサポートが大切だと。

佐藤
 もちろん、お母さんは家事やお仕事でとても忙しいから、大変だと思います。でも私は、子育ては18年限定の営みだと思っていました。子供が大学に入る頃にはもう自分の世界ができてくるから、親として関われるのは18歳までだなと。だったら18年間、自分にできる限りのことをしよう。そして、子供が40歳になって自分の18歳までを振り返った時に、あの頃は楽しかったなぁって思ってもらいたいと考えたんですよ。

[写真]読み聞かせた冊数をカレンダーに記録しながら、楽しく1万冊を達成した

プロフィール

佐藤亮子

さとう・りょうこ――大分県生まれ。津田塾大学卒業後、大分県内の私立高校で英語教師を務める。結婚後は専業主婦として長男、二男、三男、長女の4人の子供を育て、全員東京大学理科三類に進学。現在、長男と二男、三男は医師として活躍し、長女は東京大学医学部に在学中。その育児法、教育法に注目が集まり、進学塾のアドバイザーを務めながら、子育てや勉強、受験をテーマに全国で講演を行う。著書に『「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方』(角川書店)『我が家はこうして読解力をつけました』(くもん出版)など。


編集後記

四人のお子さんに一万冊の絵本を読み聞かせた浜学園アドバイザーの佐藤亮子さんに、子育てに込めてきた思いを伺いました。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる