理論物理学者が語る 宇宙の摂理と人間の生き方 佐治晴夫(理学博士)

宇宙研究の第一人者である佐治晴夫氏は、長年の研究を通して、宇宙の摂理は人間の生き方にも応用できることを発見した。人類の平和を願いつつ研究に打ち込んできた佐治氏が掴んだ宇宙、そして人生の法則とはどのようなものなのだろうか。その一端をお話しいただいた。

「あなたの『これから』があなたの『これまで』を決める」
これは私が理論物理学の研究を通して知ることができた人生の一つの法則です

佐治晴夫
理学博士

 過去の集積が「いま」をつくっているとしたら、遠い未来を見据えて「いまから」をどうデザインするかによって、未来も過去も変えることができるはずです。人生とは自分自身の時間を生み出す営みであり、一人ひとりが人生のデザイナーなのです。
 いろいろな失敗を経験してきた成功者が、「あの失敗のおかげでいまの自分がいる」と語るのは、まさに「いま」をどう生きるかによって、惨めな過去をも180度転換し、よき未来に結びつけることができることを物語っています。

プロフィール

佐治晴夫

さじ・はるお――昭和10年東京生まれ。理学博士(理論物理学)。松下電器東京研究所、東京大学物性研究所、玉川大学教授、県立宮城大学教授、鈴鹿短期大学学長を歴任。現在同大学名誉学長、大阪音楽大学客員教授、JAXA宇宙連詩編纂委員会委員長。無からの宇宙創生に関わる〝ゆらぎ〟の理論研究で知られる一方、宇宙研究の成果を平和教育の一環と位置づけるリベラルアーツ教育の実践を全国的に展開している。著書は『14歳のための宇宙授業』(春秋社)『詩人のための宇宙授業』(JULA出版局)など80冊を超える。日本文藝家協会所属。


編集後記

理論物理学者の佐治晴夫さんは長年、宇宙の摂理を研究する中で、そこにある法則を掴まれました。興味深いのは、その法則が仏教の教えととても似通っていることです。『平家物語』の冒頭の一文「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」はよく知られていますが、「世の中が変化するのは空しいことばかりではない。変化するからこそ、そこに希望が生まれる」というのが佐治さんの捉え方です。理論物理学者が科学者の視点で語る人間学に興味は尽きません。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる