この人を見よ! いま、ニーチェが語りかけるもの 宮﨑正弘(評論家)

神は死んだ ――哲学者ニーチェの刺激に満ちた言葉の数々は、いまなお多くの人々の心を惹きつけてやまない。彼が己の精神の極限まで追求し、人々に訴え続けてきたことは何だったのだろうか。難解なニーチェの思想のエッセンスと、いまの日本人に示唆するものを、評論家の宮﨑正弘氏に繙いていただいた。

世間の常識や、他人の価値観に振り回されることなく、自分の足で歩んでいくこと。それこそがニーチェの提案する生き方である

宮﨑正弘
評論家

 日本でも明治期の評論家・高山樗牛の翻訳で有名になり、多くの人々の心を鼓舞してきた。いまの日本人の足下にある泉とは何であろうか。私は古典だと思う。
 古典に親しむことで日本人とは何か、日本人としていかに生きるべきかを考え、自分の本当の価値を発見した人は、周囲の雑音を撥ね除け、己の道を信念を持って歩んでいけるようになるだろう。

プロフィール

宮﨑正弘

みやざき・まさひろ--昭和21年石川県生まれ。早稲田大学英文科中退。学生時代に『日本学生新聞』編集長。月刊誌『浪漫』企劃室長。貿易会社経営後、『もうひとつの資源戦争』で論壇へ。著書は文藝、歴史、国際政治・経済の評論や、フィクションなど多岐にわたる。ニーチェに関する著書に『青空の下で読むニーチェ』(勉誠出版)がある。


編集後記

「神は死んだ」などの言葉で有名なドイツの哲学者・ニーチェの人生と思想について、評論家の宮﨑正弘さんに解説いただきました。いまの日本人が掘り起こすべき泉とは。先哲のメッセージに耳を傾けます。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる