農業界に新たな活路を拓く 山田敏之(こと京都社長)

農家は儲からない。そんな考えを一蹴したのが九条ねぎだけで年商20億円のビジネスを手掛ける「こと京都」の山田敏之社長だ。1995年に脱サラして就農、様々な苦労を経て、独自の農業経営を確立してきた。現在に至るまでの試行錯誤の道程を伺う中で見えてきた山田社長の覚悟から、成功の要諦を教えられる。

やると決めたことをやり通すと覚悟を決め、自分の人生に責任を持つこと。それが苦境を乗り越え、未来を拓く根本的な力になる

山田敏之
こと京都社長

――京都の伝統野菜・九条ねぎの専門店「こと京都」は、六次産業の成功事例として数々の賞を受賞されています。

山田
 ありがとうございます。生産(一次産業)のみならず、加工(二次)、流通・販売(三次)にいたる一貫経営で、六次産業化(1×2×3=6)を実践し、付加価値を高めています。
 いままでの農業は分業がほとんどで、激しい価格競争の中、見た目や日持ちだけで判断されるのが常でした。つくることには手間隙惜しまず努力をしても、売ることに関しては殊に苦手な農家が多いんです。自分でダイレクトに販売できれば鮮度も保てますし、本来の味のよさやストーリーを伝えることもできます。何より、自分でつくったものの値段を自分で決められる、ここが一番の大きな違いです。新たな農家の生き方として、独自路線を突き進んできました。
 僕は京都の農家の次男坊に生まれ、小さい頃から両親が苦労している姿を見てきたので、絶対にこんな仕事はしないと心に決めていたんです。ところが母が交通事故に遭って入院するなど様々な事情が重なり、1995年、32歳の時に就農することになりました。その時こう決意しています。
 やるからには最初から法人にして、休みもなく毎日畑に出るという旧来の働き方ではなしに、しっかりとプライベートも持てるようにしよう。そして、一経営者として事業を興すからには年商一億円のビジネスにしよう。それが可能かどうかではなく、あくまで男が人生を賭して勝負をするなら、一億円くらいの規模を目指したいと。そう目標を立てたことが、いまの私を築き上げてくれました。

プロフィール

山田敏之

やまだ・としゆき――昭和37年京都府生まれ。大阪学院大学商学部経営学科卒業後、アパレルメーカー勤務を経て、平成7年に就農。14年有限会社竹田の子守唄を設立。19年こと京都株式会社に社名変更。27年九州大学大学院生物資源環境科学府修士課程を修了。著書に『脱サラ就農、九条ねぎで年商10億円』(PHP研究所)がある。


編集後記

 初めて山田社長にお会いして驚きました。ねぎ色のスーツを着た山田社長から、ねぎ色の名刺をいただきました。そして、愛車もねぎ色だと言うのです。
 ねぎへの愛情はさることながら、事前にご著書を読み「ベンチャー気質でやり手の経営者」という勝手な先入観を抱いていたため、山田社長の物腰柔らかで謙虚なお姿にも心から感動しました。
 大きな志を持って起業し、本当の意味で「経営者」になられるまでの山田社長の歩みには、私たちが仕事をしていく上での極意が詰まっていたと思います。経営者はもちろん、すべての立場の方へ読んでいただき、ご自身の場で実践していただきたいお話でした。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる