〝一滴〞に想いを込めて 酒造りの道を歩み続ける 鈴木 整(一ノ蔵社長)

酒造りへの並々ならぬ情熱と気概で日本酒業界に新風を吹き込んできた宮城県の一ノ蔵。その6代目社長を務める鈴木整氏に、先代の教えや自らの人生を交えながら、コロナ禍という闇を破り、企業を発展・永続させていく要諦、酒造りへの想いを語っていただいた。

東日本大震災の時に多くの方々の応援によって〝生かされた〟という強い思い、御恩を忘れてはいけないという感謝の思いでこの十年、経営を続けてきたんです

鈴木 整
一ノ蔵社長

 私の父はずっとお酒のことに向き合いつつ、一段落したら地域のことをもっともっとやるんだと言っていたのですけど、志半ばで亡くなってしまいました。
 そういう父の背中から、自分の会社のことだけではなく、何か地域や世の中の役に立ちたいと思う心が日々を精いっぱい生きる、目の前の困難や闇を破っていくためには大事なのではないかと学びました。

プロフィール

鈴木 整

すずき・ひとし――昭和44年宮城県生まれ。山梨大学中退。東京のイベント会社に勤務後、平成16年に一ノ蔵に入社。製造、財務、営業各部門での勤務を経て、26年より現職。


編集後記

全国にファンを持つ日本酒メーカー・一ノ蔵。経営を担う鈴木整さんに酒造りへの情熱、経営の要諦をお聞きします。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる