日本を照らす光はあるか ——この闇を破る道筋 櫻井よしこ(国家基本問題研究所理事長) 中西輝政(京都大学名誉教授)

新型コロナウイルスのパンデミックは、高度な先端技術と豊かな経済力を誇る我が国の脆さ、危機管理力の欠如を浮き彫りにした。一方、国際社会に目を転じれば、コロナ禍にあってアメリカやヨーロッパ諸国を中心に中国包囲網が形成されるなど自由社会の結束が一段と高まっている。そういう激変の中で日本はどういう役目を果たせばいいのか。世界、そして日本の闇を破る一灯はあるのか。大局的視野で時流を捉える櫻井よしこ、中西輝政両氏に語り合っていただいた。

闇の世界を明るくするには、その闇から逃れようと努力するよりも、闇を照らす一灯を掲げることが大事なんです

櫻井よしこ
国家基本問題研究所理事長

 日本という国は聖徳太子の「十七条憲法」制定以来、穏やかな中に、いざという時には雄々しく立ち上がる文明を築いてきました。その日本国の価値観をもとに明治維新後は「五箇条の御誓文」が旗印として示され、近代的な国づくりに邁進してきたんです。

後世に記憶されるこの国の先人たちは皆、公に生きた人ばかりです。これだけ「私」が追求されるいまの時代こそ、公の精神を取り戻すことも、闇を破る上では必要でしょう

中西輝政
京都大学名誉教授

 特に日本人は生まれた時から、この「公」を思う精神をDNAとして持っているように思うんです。この持ち前の公の精神を生かして今後の日米同盟、防衛政策、そして広く経済や政治、さらに言えばコロナ対策に向き合っていく。そのことを胸に刻んでいけばこの社会の闇は必ず破ることができると私は確信します。

プロフィール

櫻井よしこ

さくらい・よしこ――ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業後、「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局勤務。日本テレビニュースキャスター等を経て、現在はフリージャーナリスト。平成19年「国家基本問題研究所」を設立し、理事長に就任。23年日本再生に向けた精力的な言論活動が評価され、第26回正論大賞受賞。24年インターネット配信の「言論テレビ」創設、若い世代への情報発信に取り組む。著書多数。最新刊に『赤い日本』(産経新聞出版)がある。

中西輝政

なかにし・てるまさ――昭和22年大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。英国ケンブリッジ大学歴史学部大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、米国スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。平成24年退官。専攻は国際政治学、国際関係史、文明史。著書に『国民の覚悟』『賢国への道』(共に致知出版社)『大英帝国衰亡史』(PHP文庫)『アメリカ外交の魂』(文春学藝ライブラリー)『帝国としての中国』(東洋経済新報社)、近編著に『アジアをめぐる大国興亡史』(PHP研究所)他多数。


編集後記

新型コロナウイルスのパンデミックや覇権国家・中国の侵略、人権侵害など様々な脅威が日本を取り巻いています。その現状を踏まえ国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこさん、京都大学名誉教授の中西輝政さんに、今後の日本の生き筋を示していただきました。お二人の話を通して世界の一灯となるべき日本の役割が見えてきます。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

致知とは? 致知とは?一覧

閉じる