嫌なことの周りには、素敵なことがいっぱい転がっている 坪倉優介(草木染め作家)

草木染め作家の坪倉優介氏は18歳の時の交通事故で記憶のほとんどを失った。喜怒哀楽の感覚さえなくしてしまった坪倉氏は、長い年月をかけて言葉や感情を取り戻し、現在は大阪市内に工房を構え、創作活動の傍ら着物や染め物の魅力を伝え続けている。これまでの半生を振り返りながら、自身の支えとなった言葉についてお話しいただいた。

嫌なことの周りには、まだまだ見落としている素敵なものがいっぱい転がっている。

坪倉優介
草木染め作家

 生きているといろいろなことに出合います。僕も様々な感情を味わいながら生きてきました。しかし、嫌なことの周りには、まだまだ見落としている素敵なものがいっぱい転がっている。それを見つけることに一所懸命になっていれば、嫌なことを気にしている時間がとてももったいなく感じる。これは僕自身の信念であり、自分に言い聞かせてきた言葉でもあるんです。

プロフィール

坪倉優介

つぼくら・ゆうすけ――昭和45年大阪府生まれ。大阪芸術大学在学中に交通事故に遭い、一命は取り留めたもののそれまでの記憶のほとんどを失う。同大学専攻科を卒業後、染織作家・奥田祐斎氏に弟子入り。独立後、平成18年「ゆうすけ工房」を開設。著書に『記憶喪失になったぼくが見た世界』(朝日新聞出版)。


編集後記

交通事故で記憶を喪失した坪倉優介さん。言葉を取り戻し草木染め作家となるまでの軌跡に胸を打たれずにはいられません。

2020年1月1日 発行/ 2 月号

特集 心に残る言葉

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる