よい言葉が心を強くする 田中真澄(社会教育家) ガッツ石松(元WBC世界ライト級チャンピオン)

弊社書籍『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』が、発刊から僅か半年で30万部に迫る売れ行きを示している。読者から連日寄せられる感想からも、収録された各界一流人の珠玉の言葉が、多くの人の心を捉え、奮い立たせていることが窺える。同書に名を連ね、同書に大きな共感を示していただいている田中真澄氏とガッツ石松氏に、収録されたエピソードを踏まえて、各々を今日へと導いた言葉について語り合っていただいた。

「人生とは『一引き、二運、三力』」——田中真澄

田中真澄
社会教育家

〈ガッツ〉
 田中先生、初めまして。

〈田中〉
 どうも、ガッツさん。大成功者のあなたにお目にかかるのを楽しみにしていました。

〈ガッツ〉
 こちらこそ、対談の機会をいただいて光栄です。
 田中先生とはきょうが初対面ですが、致知出版社の『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』に、先生と一緒に私の話も載せていただいているから、初対面という気がしません(笑)。

〈田中〉
 この本に載っているのは立派な方ばかりですから、私たちの話を選んでいただいて本当に嬉しいですよね。
 最初に手に取った時には、400ページ以上もあってズッシリ重いし、こんな硬い本が売れるだろうかと危惧したんです。ところが蓋を開けてみたら、もう30万部近く売れているそうですね。こういう本がここまでたくさんの人に読まれているのは、本当にいいことだと思います。

〈ガッツ〉
 そういうすごい本に選ばれたのは、ありがたいことだと思います。他の方のお話を読ませてもらうと、「いや、それは違うぞ」って違和感を覚える話は一つもなくて、どこを開いてもなるほどなと納得できる。とてもいい本だと思ったから、すぐに50冊買っていろんな人に贈りました。
 どのお話も素晴らしいけど、私が一番心に残ったのが田中先生の言葉です。

「人生とは『一引き、二運、三力』」

 本当にその通りだと思ったから、ちゃんとメモして、きょうも持ってきているんです。

〈田中〉
 ガッツさんにそう言っていただくと、載せていただいた甲斐があります。

人に引っ張り上げられるから、そこでまたいい人に出会えてどんどん運をいただける——ガッツ石松

ガッツ石松
元WBC世界ライト級チャンピオン

〈ガッツ〉
 私自身がそういう人間なんですよ。ボクシングをやっていた頃は、負けても負けてもまた次の試合を組んでもらって、おかげで三度目の正直で世界チャンピオンになることができました。芸能界に移ってからも、橋田壽賀子(すがこ)先生や倉本聰(そう)先生といった一流の先生方に起用していただいて、活動を軌道に乗せることができた。
 要するに、そうやって人に引っ張り上げられるから、そこでまたいい人に出会えてどんどん運をいただけるんですね。ただ、自分に力がないと、せっかくいい試合、いい番組を組んでもらっても勝ち取ることができません。

〈田中〉
 そうそう。ガッツさんがそうやって一所懸命頑張る姿が人の心を打って、これまでたくさんの引きを呼んだのだと思います。
 橋田先生が、芸能活動を始めて間もないガッツさんをあの『おしん』に抜擢されたのも、やっぱりあなたのそういう生き方に感動されたからじゃないでしょうか。

〈ガッツ〉
 実はその前に、民放のプロデューサーだったご主人から、ドラマで使いたいと言われていたんですよ。ところが急にキャンセルになったので、「なぜ私の出番がなくなったんでしょうか?」と電話して聞いたんです。ご主人は、私がワイドショーでユーモラスな役をやっていたのを見て合わないと思ったそうなんですが、私が電話したことで一所懸命さが伝わったんでしょうか。「うちの橋田に君のことを言っといてやる」とおっしゃったんです。
 橋田さんは、私が第二の人生を芸能界でやっていこうと頑張っていることを、ご主人から聞かされたんでしょうね。「これはガッツ石松の役よ」ってNHKのプロデューサーに言ってくださったおかげで、『おしん』に出演することができたんです。

〈田中〉
 ガッツさんの魅力は何よりそのお人柄ですよ。ガッツさんのお人柄が、そういう引きや運を呼び寄せたと思うんです。

【言葉に「力」を得て歩んでこられたお二人。『致知』本誌では全10ページにわたり、よい言葉が心を強くし、充実した人生を歩む大きな力になることを、それぞれの人生体験から語っていただいています】

プロフィール

田中真澄

たなか・ますみ――昭和11年福岡県生まれ。34年東京教育大学(現・筑波大学)卒業後、日本経済新聞社入社。日経マグロウヒル社(現・日経BP社)を経て、54年独立。ヒューマンスキル研究所を設立。社会教育家として講演・執筆活動を展開。著書に『百年以上続いている会社はどこが違うのか?』(致知出版社)『朝礼・会議で使える田中真澄の61話』(ぱるす出版)など多数。

ガッツ石松

がっつ・いしまつ――本名・鈴木有二。昭和24年栃木県生まれ。40年中学卒業と同時に上京、プロボクサーを志しヨネクラジムに入門。41年プロボクシングデビュー。20余もの職を転々としながら練習を続け、49年WBC世界ライト級チャンピオンとなり、以後5回防衛。53年引退し、芸能界に転身。平成8年衆議院議員選挙に出馬。20年広島国際学院大学現代社会学部客員教授。著書に『神様ありがとう俺の人生』(桜の花出版)『劣勢からの逆転力ガッツの知恵』(青土社)など。


編集後記

弊社書籍『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』が大きな反響を呼んでいます。同書に貴重なエピソードを披露いただいている社会教育家の田中真澄さんと、元WBC世界ライト級チャンピオンのガッツ石松さんに、今日に至る歩みを辿っていただきながら、折々に自身の支えになった言葉をご紹介いただきました。

2021年8月1日 発行/ 9 月号

特集 言葉は力

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる