倍の努力が人生を導く 髙山 一之(美術刀剣鞘師)

江戸時代から代々続く「鞘師」の六代目として、日本刀の拵(外装)のコーディネートや文化財の修理・復元に携わり、その卓越した技術が国内外から高い評価を得る髙山一之氏。80歳になるいまなお、2倍、3倍の努力を信念に、一道を歩み続ける髙山氏が語る人生・仕事をひらく要諦――。

私には若い頃から大事にしてきた言葉があるんです。それは「倍」です

髙山 一之
美術刀剣鞘師

 私には若い頃から大事にしてきた言葉があるんです。家内にはなんでそんな言葉って言われるんですが、それは「倍」です。
 なぜかというと、昔は中学生くらいからこの世界に入るのが当たり前で、大学卒業後に本格的に父にいて修業を始めた私は、年齢的に遅れていたからです。集まりの席でみ始めると、大学を出ていることも面白くないのか、「あなたは10年遅れている」って必ず皆からけなされたんです。
 その時に、ああ、自分は遅れているけど、彼らの倍、2倍、3倍努力すれば必ず追い抜けるとすぐに思った。それから色紙に何か書いてほしいと頼まれたら、「倍」と書くようになって、実際、毎日一所懸命仕事に向き合ってきました。

プロフィール

髙山 一之

たかやま・かずゆき―昭和15年東京生まれ。37年法政大学を卒業後、鞘師の父に入門。同時に人間国宝・藤代松雄の元で刀剣研磨の修業を積む。また、漆塗師の佐藤紫川について3年間漆塗の修業も併せて行う。平成9年、正倉院の依頼で「黒作大刀拵」を製作。12年にはロンドン大英博物館が所蔵する刀剣50振り以上の拵を修理。その後も藤ノ木古墳より出土した大刀拵の復元、全国の神社仏閣に伝来する刀の白鞘の製作、修復、復元を手がける。令和2年春の叙勲で「旭日双光章」受章。公益財団法人日本刀文化振興協会常務理事。美術刀剣外装技術保存会会長などを務める。DVD出演に『拵・刀装具の美 高山一之の世界』(クエスト)がある。


編集後記

卓越した技術が国内外から高く評価される美術刀剣鞘師・髙山一之さんのお話を通して一道を極める要諦を教わります。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる