逆境を力に新たな時代を拓く 吉藤健太朗(オリィ研究所代表) 佐藤仙務(仙拓社長)

分身ロボット「オリヒメ」や意思伝達装置「オリヒメアイ」を開発し、そのさらなる普及と進化に情熱を傾けているオリィ研究所代表の吉藤健太朗氏、32歳。脊髄性筋萎縮症(SMA)という重度障碍を持って生まれながら、僅かに動く1本の指で起業し、「寝たきり社長」として多方面で活躍する仙拓社長の佐藤仙務氏、29歳。それぞれの立場で時代をリードする二人の若きリーダーに、人生の歩みを振り返りながら、苦難を乗り越え、新しい時代を切り拓くヒントを語り合っていただいた。

苦難から逃げて、考えることを放棄するのは一番最悪だし、そうして新しい閃きやアイデアが出てこなくなった時に、人間は本当の意味で老いるんじゃないでしょうか

吉藤健太朗
オリィ研究所代表

 障碍があることを認めて、確かにいまの自分ではできないけど、じゃあ、それはどうすればできるようになるのだろうかとモチベーションを持つ。その時に、人間は新しい価値を生み出せるのだと思いますし、世の中を進化させていけるのだと思うんです。

僕の好きな言葉はやっぱり「諦めない」です。どんな状況になろうとも、どんな苦難がやってこようとも、諦めなければ絶対にそれは突破できる

佐藤仙務
仙拓社長

 僕は行動をやめない限り成功も失敗もないし、吉藤さんと同じように、周りから何を言われようとも関係ないというか、行動しないだけ損だなと、最近よく思うようになりました。何を言われても、諦めずに挑戦することって本当に大事だなと思います。

プロフィール

吉藤健太朗

よしふじ・けんたろう――昭和62年奈良県生まれ。県立王寺工業高等学校卒業後、早稲田大学創造理工学部に進学。中学生の時、虫型ロボットコンテスト関西大会で優勝。高校時代は車椅子の開発で文部科学大臣賞、世界大会でエンジニアリング部門3位を獲得。自身が開発した分身ロボット「オリヒメ」は若者から高齢者まで幅広く活用されている。著書に『「孤独」は消せる。』(サンマーク出版)『サイボーグ時代』(きずな出版)などがある。

佐藤仙務

さとう・ひさむ――平成3年愛知県生まれ。4年SMA(脊髄性筋萎縮症)と診断される。22年愛知県立港特別支援学校商業科卒業。当時、障碍者の就職が困難であったことに挫折を感じ、ほぼ寝たきりでありながら、23年にホームページや名刺の制作を請け負う合同会社「仙拓」(25年に株式会社に変更)を立ち上げ、社長に就任。著書に『寝たきりだけど社長やってます』(彩図社)『寝たきり社長佐藤仙務の挑戦』(塩田芳享著、致知出版社)などがある。公式YouTube「ひさむちゃん寝る」で情報発信中。


編集後記

誰もが生き生きと働ける世の中を実現する―その実現に情熱を燃やすオリィ研究所代表の吉藤健太朗さんと仙拓社長の佐藤仙務さん。テクノロジーの進歩、新しい働き方、出逢いの大切さ、人生・経営を拓く要諦……お二人の対談には、変化の激しい現代を生き抜き、新しい日本を創るヒントが満載です。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

致知とは? 致知とは?一覧

閉じる