磨すれど磷(うすろ)がず 隈 研吾(建築家) 栗山英樹(北海道日本ハムファイターズ監督)

来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて新国立競技場の建設が進んでいる。その設計に携わったのが日本を代表する建築家の一人・隈研吾氏である。一方の栗山英樹氏は2016年、監督として北海道日本ハムファイターズを日本一に導いた他、大谷翔平はじめ有力選手を育てた実績を持つ。華やかな経歴のお二人だが、これまでの半生は決して順風満帆ではなかった。お二人は様々な逆境の中でどのように自らを処し、道をひらいてきたのだろうか。その実体験を通して誰にも共通する運と徳の法則を知ることができる。

「何でこんなことをやらないといけないのか」と思う人と、「これは自分にとって何かのチャンスになるかもしれない」と思える人とでは、同じことを体験しても全く逆の結果が生まれる

隈 研吾
建築家

「何でこんなことをやらないといけないのか」と思う人と、「これは自分にとって何かのチャンスになるかもしれない」と思える人とでは、同じことを体験しても全く逆の結果が生まれる。
 僕は横組みの格子を用いるのが好きなのですが、あるクライアントから理由もなく「縦格子に変えてほしい」と言われたことがあります。縦格子はいいと思わなかったし、一瞬ムッとしたんですけど、一晩寝て「縦格子を一度やってみるか」と考え直して設計してみたところ、予想以上に美しい出来映えで、その後は縦格子のほうが多くなっちゃった(笑)。

才能がないことが才能、才能がないからこそ頑張れる、努力するという感覚が僕の中には常にあって、いまでは才能がなかったことが逆によかったとすら思っているんです

栗山英樹
北海道日本ハムファイターズ監督

野球はもともと運という要素が強くて、〝打撃の神様〟と言われた川上哲治さんも「これほどまでの努力を人は運と言う」との名言を残されていますが、何かを尽くしきることでしか運は自分に返ってこないのではないか、と僕は思っています。

プロフィール

隈 研吾

くま・けんご-昭和29年神奈川県生まれ。54年東京大学建築学科大学院修了、60年コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員。平成2年隈研吾建築都市設計事務所設立。21年から今日まで東京大学教授を務める。代表作に、栃木県那珂川町の馬頭広重美術館、東京の根津美術館など。建設中の新国立競技場の設計にも携わる。著書に『負ける建築』(岩波書店)『建築家、走る』(新潮文庫)など多数。

栗山英樹

くりやま・ひでき-昭和36年東京都生まれ。59年東京学芸大学卒業後、ヤクルトスワローズに入団。平成元年ゴールデン・クラブ賞受賞。翌年現役を引退し野球解説者として活動。16年白鷗大学助教授に就任。24年北海道日本ハムファイターズ監督に就任、同年チームをリーグ優勝に導き、28年には日本一に導く。同年正力松太郎賞などを受賞。著書に『栗山魂』(河出文庫)『育てる力』(宝島社)など。


編集後記

どのような厳しい環境もポジティブに受け止めて、常に前進する。建築家の隈研吾さんと北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんは、今日までともにこの姿勢を貫き、道を拓いてこられました。ジャンルは異なるものの、お二人の様々な人生経験からは忘れてはいけない仕事や人生の要諦が見えてきます。

2019年3月1日 発行/ 4 月号

特集 運と徳

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる