2018年8月1日 発行・ 9 月号のご案内

2018年8月1日 発行/ 9 月号

定期購読のご案内

特集 内発力

巻頭の言葉 用舎行蔵と出処進退 數土 文夫(JFEホールディングス特別顧問)

【特集】 内発力

その他の記事

  • 明治人の気骨が教えるもの

    新保 祐司(文芸批評家・都留文科大学教授)

  • インタビュー1

    人を喜ばせてこそ会社は発展する

    若林 克彦(ハードロック工業社長)

  • インタビュー2

    すべての生命が輝き、協生できる社会を目指す

    舩橋 真俊(ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー)

  • インタビュー4

    本気のオーラが選手たちを変えた

    平岡 和徳(熊本県宇城市教育長・大津高等学校サッカー部総監督)

  • 子どもの脳を傷つける親たち

    友田 明美(福井大学 子どものこころの発達研究センター教授)

好評連載

ピックアップ連載

  • 忘れ得ぬ人 忘れ得ぬ言葉 9

    「〝百を越えても、死にたくはない〟――松原泰道」
    五木 寛之(作家)

  • 私の座右銘

    「人間到る処青山あり」
    遠藤 勝裕(日本学生支援機構理事長)

  • 第一線で活躍する女性

    「仕事を面白がる集団であれ」
    渡邊 弘子(富士電子工業社長)

  • 人生を照らす言葉

    「三好達治『涙』」
    鈴木 秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)

  • 生命科学研究者からのメッセージ 3

    「学恩深き恩師への尽きぬ思い」
    村上 和雄(筑波大学名誉教授)

  • 禅語に学ぶ 49

    「獅子吼」
    横田 南嶺(臨済宗円覚寺派管長)

  • 日本の教育を取り戻す 62

    「『残忍酷薄』の家族像」
    占部 賢志(中村学園大学教授)

  • 干支九星学

    井上 象英

  • 徳川家康 24

    「猿と狸の大芝居」
    童門 冬二(作家)

  • 致知随想

    青木紀代美「食といのちに添い続けて」
    駒井俊雄 「目標とは自ら立てるもの」
    静 貴生 「本物を求める心が人生をひらく」
    三浦公法 「甲冑に見る日本人の美意識」
    池永昌之 「生と死とともに生きる」

あの著名人も致知を読んでいます

  • 稲盛和夫 氏
    京セラ名誉会長・日本航空名誉顧問

  • 王貞治 氏
    福岡ソフトバンクホークス球団会長

  • 張富士夫 氏
    トヨタ自動車相談役

  • 増田明美 氏
    スポーツジャーナリスト

もっと見る

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い