いつまでも夢を語り行動し続ける 小林照子(美容研究家)

「夢を語り行動することで、夢が夢で終わらずに、叶えることができるのです」――小林照子(美容研究家)

(記者)小林さんは八十三歳のいまも現役の美容研究家として活躍されていますね。
小林 ありがとうございます。私が2010年に始めた青山ビューティ学院高等部では夢を語り合う授業を設けているんですけど、そこで15歳の高校生たちに交じって83歳の私も夢を語っているんです(笑)。まだまだやりたいことが尽きません。

(記者)例えばどんなことですか?
小林 いま取り組んでいるのが「印象分析」とAI(人工知能)を掛け合わせることです。自分の印象って本人では分析しにくいものですから、私はお客様一人ひとりに、どんな印象を周りに与えているかをお伝えし、お客様のなりたいイメージと擦り合わせる「人の印象分析」に力を入れてきました。
 印象分析によって、本当は大人らしく見られたいのに可愛らしい印象を与えていたことに気づいた方や、自分の顔に自信を持てるようになった方など、多くの方のお役に立ってきたと実感しています。これまで何千人という方のお顔に触れてきて、この分野は誰よりも得意な自信があるんですけど、やっぱり、1日に対応できる人数は限られているんですね。
 その印象分析のノウハウをAIに学習させることでさらに多くの人を幸せにでき、そして、たとえ私がいなくなったとしても後世に残すことができるのではないか。そう確信して、いま開発に注力しています。また、お客様にとっても、人から自分の印象を聞かされるよりも、AIから言われたほうが受け入れやすいと思うんです。

(記者)とても興味深いですね。
小林 メイクアップはすべて手作業で行う非常にアナログな世界で、私はもともと「アナログの女王」なんて言われていたんです。そんな私をデジタルな世界に引っ張ってくれたのが・・・
(※続きは本誌にてご覧ください)

プロフィール

小林照子

こばやし・てるこ――昭和10年東京生まれ。33年小林コーセー(現・コーセー)に入社。美容液、パウダーファンデーションを世界で初めて生み出し、大ヒットさせる。58年にザ・ベストメイキャップスクール設立、初代校長に就任。60年コーセー初の女性取締役に就任。平成3年56歳で独立し、美・ファイン研究所を設立。6年にフロムハンドメイクアップアカデミーを、22年に青山ビューティー学院高等部を開校。著書に『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)など多数。


2018年12月1日 発行/ 1 月号

特集 国家百年の計

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い