中国の脅威にどう立ち向かうか ペマ・ギャルポ(拓殖大学 国際日本文化研究所教授)

「このままだと日本は中国の属国になってしまう」。祖国・チベットを中国に奪われ、インドを経て日本へと亡命してきたペマ・ギャルポ氏は、そう警鐘を鳴らす。ペマ氏が祖国で見た恐るべき現実とはどのようなものだったのか。私たち日本人はいまどのような国家ビジョンを描かなくてはいけないのか。氏の話にそのヒントを探る。

中国がチベットやウイグルでやったのは、言語を奪うことでした。言葉を奪うことで、外国勢力はそれだけ侵入しやすくなるのです

ペマ・ギャルポ
拓殖大学 国際日本文化研究所教授

59年前、中国に侵略されたチベットから脱出した私は、中国に侵略されたチベットやモンゴル、ウイグルの実態、国を奪われた民族の悲惨な運命を誰よりも知っています。私の第二の故郷である日本には、チベットと同じ轍を絶対に踏んでもらいたくないのです。

プロフィール

ペマ・ギャルポ

1953年チベット生まれ。59年中国軍の侵攻により家族とともにインドに脱出し、65年日本に移住。76年亜細亜大学法学部卒業。80年にはダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表を務める。2005年日本に帰化。現在、拓殖大学客員教授のほか、桐蔭横浜大学客員教授、岐阜女子大学名誉教授、チベット文化研究所所長、アジア自由民主連帯協議会会長。著書に『祖国を中国に奪われたチベット人が語る侵略に気づいていない日本人』(ハート出版)など多数。


編集後記

祖国・チベットを中国に侵略され、その後日本に移住した拓殖大学教授ペマ・ギャルポさんが、国を奪われた民族の悲しみと、そこから得るべき教訓を語ります。

2018年12月1日 発行/ 1 月号

特集 国家百年の計

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い