自己丹誠こそ幸福への道 曽野綾子(作家)

数多くのベストセラーを手掛け、日本を代表する作家として知られる曽野綾子さん。23歳で文壇デビューを果たして以来、87歳を迎えたいまなお精力的に創作活動を続けている。失明の危機や最愛の夫との別れなど、様々な試練を乗り越え、64年間、一つ事に打ち込む中で見えてきた「幸福論」とは――。

存在するものはすべて善きものだと思えば、辛いことがあっても人生楽しくなるんですよ

曽野綾子
作家

(記者)87年の人生を歩んでこられて、幸福に生きるためには何が大事だと思われますか?

曽野 いろいろありますけどね、やっぱり、できたら与えることだと思います。
 私は昔から「くれない族」と定義していますけど、青年でも中年でも「~をしてくれない」と言い始めた時から、既に精神的な老化が進んでいる。それは危険な兆候だと思って、自分を戒めたほうがよろしいかもしれません。他人が「~をしてくれない」と嘆く前に、自分が人に何かしてあげられることはないかと考えるべきです。
 それから……

プロフィール

曽野綾子

その・あやこ・昭和6年東京生まれ。29年聖心女子大学文学部英文科卒業。大学在学中から第15次『新思潮』にて執筆を始め、23歳の時、『遠来の客たち』が芥川賞候補となり、文壇デビューを果たす。創作活動の一方、精力的に社会活動も行い、54年ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。平成5年恩賜賞・日本藝術院賞受賞。9年海外邦人宣教者活動授助後援会代表として吉川英治文化賞、読売国際協力賞受賞。7~17年日本財団会長。21~25年日本郵政社外取締役。日本藝術院会員、日本文藝家協会理事。著書に『いまを生きる覚悟』(共著/致知出版社)など多数。近著に『イエスの実像に迫る』(海竜社)。


編集後記

トップインタビューには、このほど87歳を迎えられた作家の曽野綾子さんにご登場いただきました。昨年、ご主人の三浦朱門さんの最期を看取られながらも、決して下を向くことなく、作家という一つ事に64年間、打ち込み続けている方が語られる言葉は深みと重みがあり、自己を丹誠し、幸福に生きるヒントに溢れています。

2018年10月1日 発行/ 11 月号

特集 自己を丹誠する

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い