知覧からのメッセージ 川床剛士(知覧特攻平和会館 語り部)

第二次世界大戦末期、祖国日本、そして愛する人を守るために沖縄の海へと消えていった陸軍特別攻撃隊(特攻隊)の若者たち。戦後70余年が過ぎたいま、彼らが命を懸けて遺したメッセージを、いまを生きる私たちはどのように受け止めればよいのか。知覧特攻平和会館の語り部を長年務めてきた川床剛士さんに語っていただきました。

ご先祖様、親きょうだい、愛する人への感謝の念を持って、その日、その時を一所懸命生き、世の中のために貢献していく――。これが知覧からのメッセージであり、後に残った者たちの使命でもある

川床剛士
知覧特攻平和会館語り部

 語り部をしていると、若くして死んだ特攻隊たちが、その時の笑顔のままで、空から「皆さーん! 僕たちの分まで素晴らしい人生を過ごしてくださーい!」と私たちに叫んでいるように感じます。
私はいま78歳ですが、特攻隊員たちのことを思うと、余生をのんびり生きることなどとてもできません。

プロフィール

川床剛士

かわとこ・たけし――昭和15年鹿児島の知覧町生まれ。昭和38年3月防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊に任官し指揮官、幕僚、教官職等を歴任。定年退官後は、地元企業を経て平成12年10月から知覧特攻平和会館の語り部として従事。


編集後記

日本のために沖縄の海へと飛び立っていった未来の若者たち。知覧特攻平和会館の語り部・川床剛士さんが伝える特攻隊員のメッセージに、いまを一所懸命生きる大切さ、命の尊さを教えられます。

バックナンバーについて

致知バックナンバー

バックナンバーは、定期購読をご契約の方のみ
1冊からお求めいただけます

過去の「致知」の記事をお求めの方は、定期購読のお申込みをお願いいたします。1年間の定期購読をお申込みの後、バックナンバーのお申込み方法をご案内させていただきます。なおバックナンバーは在庫分のみの販売となります。

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い