致知出版社|人間学を探求して35年

2018年度新卒採用受付中

オンラインショップ

致知お申込み

今月の致知バックナンバーはこちら

PHOTO

2017年4月号
特 集繁栄の法則

今月号のお試し読みはこちら

定期購読についてはこちら

目次

巻頭の言葉
「良心に逆らう者は覇気を失う」
 鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役)

特集

繁栄の法則

PHOTO

鼎談 どうすれば繁栄の道へ踏み出せるのか ――人間経営学を学ぶ

北川八郎(陶芸家)
鎌田恭幸(鎌倉投信社長)
佐藤俊之(オークス社長)


PHOTO

トップインタビュー お客様の最高満足度を追求して

小田真弓(和倉温泉 加賀屋 女将)


ローマ帝国はなぜ亡びたのか ――歴史の教訓

本村凌二(東京大学名誉教授)


PHOTO

本居宣長の追求したもの

吉田悦之(本居宣長記念館館長)


インタビュー 住まいのおたすけ隊で「期待を超える感動を!」

荒木恭司(島根電工社長)


インタビュー 人々の共感力が事業を前進させる

垣内俊哉(ミライロ社長)


インタビュー 仕事を通じて知恵と人間性と勇気を養い続ける

石井清司(プルデンシャル生命保険エグゼクティブ・ライフプランナー)


PHOTO

対談 繁盛する店はどこが違うのか

陳 建一(四川飯店オーナーシェフ)
中嶋貞治(新宿割烹 中嶋二代目店主)


PHOTO

対談 組織を繁栄に導くリーダーのあり方

尾山 基(アシックス社長CEO)
山本良一(J.フロントリテイリング社長)


好評連載

私の座右銘

「花を見ていみじと思う心あらばさて生きよ」
 赤井益久(國學院大學学長)


第一線で活躍する女性

「自分自身が社会を変える石になる」
 奥田浩美(ウィズグループ社長)


二十代をどう生きるか

「厳しさの中にこそ成長がある」
 比屋根 毅(エーデルワイス会長)


生涯現役

「人様から親しまれ、愛され、信頼される人に」
 他阿真円(第74代時宗法主 )


人生を照らす言葉

「森茉莉『棘』」
 鈴木秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)


生命のメッセージ

「『祈力の充実』で幸せに生きる」
 美松 寛昭(弘明寺住職)
 村上和雄(筑波大学名誉教授)


禅語に学ぶ

「万里清風只自知す」
 横田南嶺(円覚寺管長)


意見・判断

「日本を滅ぼす子供の貧困問題の解決を急げ――子供の貧困問題による社会的損失40兆円の衝撃」
 花岡隼人(日本財団子どもの貧困対策チーム プロジェクトコーディネーター)


日本の教育を取り戻す

「世界史から見る日本像――私なら歴史教科書をこう書く」
 占部賢志(中村学園大学教授)


歴史の教訓

「迷走を極める韓国。南進を目論む北朝鮮。どう動くのか日本」
 渡部昇一(上智大学名誉教授)


大自然と体心

「速音読で若さと活力を取り戻す――名文の音読で脳が活性化し、心が穏やかになる」
 齋藤 孝(明治大学文学部教授)


干支九星学

 井上象英


小説・徳川家康

 童門冬二(作家)


致知随想

田所光男    「タカマツペア世界一の原動力」
小澤勝也    「戦う経営から愛の経営へ」
小澤綾子    「いまを精いっぱい生ききる」
荒川龍一郎   「おやじたちの国際貢献」
中畠信一    「私心なき経営道」
難波征男    「山田方谷の原点を見つめる」 


「致知と私」読者から寄せられたお手紙
 社内木鶏ニュース
『心に響く小さな5つの物語』ニュース
 致知出版社ニュース
 こまく・読者プレゼント・BOOKS[書評]


まんが<うちの社長の器学>

 神保あつし


木鶏クラブ通信


PAGE TOP

ピックアップ

どうすれば繁栄の道へ踏み出せるのか ――人間経営学を学ぶ

北川八郎(陶芸家)
鎌田恭幸(鎌倉投信社長)
佐藤俊之(オークス社長)


PHOTO

陶芸家の北川八郎氏は30年前、2度にわたる40日以上の断食をとおして宇宙の叡智に触れたという。氏がそこで与えられた「繁栄の法則」を現実の経営の場で生かし業績を伸ばし続ける鎌倉投信社長の鎌田恭幸氏、オークス社長の佐藤俊之氏とともに、社員が育ち企業が発展する秘訣、人生繁栄の道を語り合っていただいた。

お客様の最高満足度を追求して

小田真弓(和倉温泉 加賀屋 女将)


PHOTO

創業111年の歴史を誇り、日本一のおもてなしと称される名旅館・加賀屋。国内外から訪れる年間30万人の宿泊客を魅了して已まないそのおもてなしの心を培ってきたのが、女将の小田真弓さんである。加賀屋一筋55年の歩み、加賀屋流おもてなしの神髄、そこから見えてきた繁栄の法則とは――。

本居宣長の追求したもの

吉田悦之(本居宣長記念館館長)


PHOTO

その表記の難解さゆえに久しく読まれることのなかった『古事記』。その解読を実に35年掛かりで成し遂げ、本書を1,000年の眠りから目覚めさせたのが本居宣長である。宣長は終生医師として生計を立てながら、『古事記伝』全44巻を遂に完成させ、日本史にその名を刻んだ。この偉業へと至る道筋から何を学ぶべきなのか、このたび弊社より『宣長にまねぶ』を上梓された本居宣長記念館館長の吉田悦之氏に紐解いていただいた。

住まいのおたすけ隊で「期待を超える感動を!」

荒木恭司(島根電工社長)


PHOTO

人口流出と高齢化による衰退が進む山陰地方にあって、右肩上がりに業績を伸ばしている島根電工。一般家庭向けに電気や水回りの困りごとを何でも解決する「住まいのおたすけ隊」というサービスを手掛け、お客様に快適な生活空間を提供している。「期待を超える感動を!」を合言葉に、同社の発展を導いてきた荒木恭司社長の経営哲学に迫った。

繁盛する店はどこが違うのか

陳 建一(四川飯店オーナーシェフ)
中嶋貞治(新宿割烹 中嶋二代目店主)


PHOTO

中華料理の神様と謳われた陳建民氏が創業し、各界の一流どころが訪れる四川飯店の二代目・陳建一氏。片や東京を代表する割烹料理店として知られ、ミシュランから10年連続して星を獲得した新宿割烹 中嶋の二代目店主・中嶋貞治氏。ともに二代目として繁盛店を切り盛りしてこられたお二人が語る、先代からの教えや料理人としての矜持、そして繁盛店に欠かせないものとは――。

組織を繁栄に導くリーダーのあり方

尾山 基(アシックス社長CEO)
山本良一(J.フロントリテイリング社長)


PHOTO

時代は未曾有の大変化を迎えている。これまでの常識を覆す変化が求められる中で、リーダーはいかにして組織を導いてゆけばよいのだろうか。世界的なスポーツ用品ブランドを率いる尾山基氏と、新時代の百貨店経営に果敢に挑む山本良一氏に、各々の足跡を交えながら、組織を繁栄に導くリーダーのあり方を語り合っていただいた。

PHOTO

もっと「致知」を知りたい方はこちらから

  • 致知とは?
  • 各界リーダーのコメント
  • 今月の致知
  • 読者からの声

Copyright 株式会社 致知出版社