あの著名人も致知を読んでいます

『致知』は、経済、スポーツ、学術、政治、教育など、各界を代表する著名な識者の方々からもご愛読いただいています。

鍵山秀三郎 氏

イエローハット創業者・日本を美しくする会相談役

世の多くの出版物が、ことさらに人を誹謗中傷する内容を売り物とする中、『致知』誌の編集方針はひときわ異彩を放っています。日本は経済的に豊かになった半面、心の荒みが深まっていることを私は憂慮していますが、『致知』を読み、素晴らしい人物に出逢う度に、こういう人がいる限りは、日本もまだ大丈夫だと希望を与えられます。日本で唯一の人間学誌として、努力、勤勉、謙虚、忍耐等々、私たち日本人が失ってはならない尊い精神性に光を当て、それを守り続けておられる『致知』誌に、私は深い敬意を表します。

大橋洋治 氏

ANAホールディングス相談役

「人が苦難に耐えて、与えられた生をどう生き抜くか」。この主題には、時代を超えて共通する、人としての様々な生き様がある。『致知』の各号で語られる人生の物語の中に、その答えが美しくちりばめられている。『致知』というタイトルは、この主題を言い当てた、誠に深く、美しい言葉である。

福地茂雄 氏

アサヒビール社友

いま、我が国に求められる喫緊の課題は教育にありと確信しています。『致知』の歩んだ道は教育、それも人間学に他なりません。頑なまでに人間学を追い続けた『致知』。その愛読者の中から次世代の人材が誕生することを信じています。

渡邊直人 氏

王将フードサービス社長

『致知』から本当の生き方を学びました。そして、世の為、人の為に良いと思うことの実現を強く心に思い、行動する習慣をつければ、それは必ず現実となるということを学びました。心より感謝いたします。

比屋根毅 氏

エーデルワイス会長

『致知』は、日本人が忘れかけている大切なことを思い出させてくれる貴重な書であり、経営哲学を学ばせていただける教科書のような存在である。これからの日本を背負っていく若い人達にぜひ読んでいただきたい。

門川大作 氏

京都市長

世のため、人のためにと、命懸けで実践を重ねてこられた方々の足跡、生き方の哲学を毎号拝読。胸が熱くなり、かつ、楽しいです。厳しい日本の諸状況ですが、『致知』と登場人物から学び、実践させていただければ未来は明るい!と確信し、努力する日々です。

加藤照和 氏

ツムラ社長

生涯「心」を鍛えることで、「日本人としてどのように生きるか」を追求し、「将来に向けて何をなすべきか」を熟慮断行する。『致知』は若い世代にも心の拠り所となる、まさに「伝統と革新」の人生の指南書であります。

12

多くの著名人が愛読している致知はこちら

閉じる