20代のうちに一つスペシャリティーを持つ 茂木友三郎(キッコーマン名誉会長)

 昨年、創立100周年の節目を迎えた醤油の国内トップメーカー・キッコーマン。代表商品の「キッコーマン しょうゆ」は世界百か国以上で販売され、中でもアメリカにおけるシェアは50%を超えるという。その躍進の牽引役となったのが、現・名誉会長の茂木友三郎氏である。茂木氏はいかなる20代を過ごし、経営者としての基礎を築いたのか。

いま目の前に与えられた仕事を一所懸命やる。これ以外にはない

茂木友三郎
キッコーマン名誉会長

「20代のうちに一つはスペシャリティー、強みを持つ」
 私の経験を踏まえて、20代の皆さんにぜひお伝えしたいことである。噛み砕いて言えば、「あそこの会社には素晴らしい社員がいる」「あなたが欲しい」と市場価値がつき、他社からスカウトされるような存在になれ、ということだ。
 では、スペシャリティーを身につけるために何が大切か。いま目の前に与えられた仕事を一所懸命やる。これ以外にはない。どうしても合わないと思ったら、部署を変えてもらう、あるいは転職することもあり得るだろう。しかし、移っても代わり映えしないことが大概だ。ゆえに、好き嫌いなどという私情を挟まず、与えられた自分の仕事に全力を注ぎ、超一流になろうと努力すべきである。

プロフィール

茂木友三郎

もぎ・ゆうざぶろう——昭和10年千葉県生まれ。33年慶應義塾大学卒業。野田醤油(現・キッコーマン)入社。36年コロンビア大学経営大学院経営学修士(MBA)学位取得。54年取締役。常務、専務を経て、平成7年社長CEO就任。16年会長CEO。23年取締役名誉会長 取締役会議長。26年公益財団法人日本生産性本部会長。著書に『国境は越えるためにある』(日本経済新聞出版社)など。


編集後記

2018年6月1日 発行/ 7 月号

特集 人間の花

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い