無にならないと 師の教えは掴めない(境野勝悟×安田登)

分野は違えど、共に古典や先人の教えに出合い、人生・仕事の基礎を築いてきた東洋思想家の境野勝悟さんと下掛宝生流ワキ方能楽師の安田登さん。禅と能——それぞれの道を究めてきたお二人にこれまで歩みを振り返っていただきながら、人生を変えた先人の教えや言葉を縦横に語り合っていただきました。「教え」をどう体得し、人生・仕事に生かしていくか——ヒントが満載の対談です。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

体で掴んだ〝生〟の解釈

〈安田〉
言葉ということで申し上げますと、私は能の稽古を通して『論語』の言葉の意味に気づいたことがあるのです。

〈境野〉
ほう、それはどういうことですか。

〈安田〉
先にお話しした通り、私は千葉県で教員をやっていた頃に能を始めましたが、なるだけ東京に近い場所に住んで土日には師匠のお宅に稽古にお邪魔させていただきました。だけど、師匠は能について説明は全くしてくれないのです。酷い時には8時間ぶっ通しで謡わされる。師匠はその場からいなくなりますが、遠くで聞いているからさぼることもできない(笑)。

不思議なもので、出なくなった声は、続けていると再び出るようになります。だけど、その厳しい師匠に就いたおかげで、『論語』学而篇の冒頭の言葉「学んで時に之を習う、また説ばしからずや(学而時習之、不亦説乎)」の意味が初めて分かりました。

この「学」とは、手取り足取り教わり、自分でも手足や全身、五感をフルに使って何かの真似をすること、即ち身体を使った学びのことを言います。

次の「而」、これは学校の授業では「置き字」と無視されることがありますが、実は非常に重要な意味を持つんです。簡単に説明すれば、しかるべき時間の経過です。能の世界でも苦しくて辛い稽古を何年、何十年と続けなくてはいけない。私の話で恐縮ですが、40年間、師匠のもとで修業に励みながら、たったの一度も褒められたことはありません。いつも「駄目だ」という言葉ばかり。しかし、その奥底で何かが静かに変容している。確実に実力が培われている。そんな魔術的時間の経過を示したのが「而」という字なんです。

〈境野〉
「而」が時間の経過なんて、そんな解釈をされたのは先生だけだと思います。

〈安田〉
それから「時」という文字には、流れゆく時間を一瞬、ガッと掴むという意味があります。ただの時ではなく、「いまだ」というタイミングですね。師匠はその時を見計らって弟子を舞台に立たせてくれる。「習」は鳥がバタバタと飛び立つ様を表現した文字で、能でいえば厳しい稽古を経て舞台に立ってゆったりと舞う。まさに「説」、悦楽の瞬間です。

〈境野〉
いやー素晴らしい。頭で考えた解釈ではなく、安田先生が厳しい稽古を通して体で掴まれた生の解釈ですね。やはり行を通して掴んだものは強い。僕にはそれがよく分かります。それにしても、40年間、一度も褒められない中で、よくぞふて腐れもせずに稽古を続けてこられましたね。

〈安田〉
師匠が私を褒めなかったのは、師匠が常に進歩していたからだと思います。ご自身も亡くなるまで舞台を続けられましたからね。褒めるというのは、自分がそこに留まっていることです。その日、よいと感じても、その先もよいとは限りません。

〈境野〉
師匠も同じ修業者という思いで稽古を続けられたわけですね。

〈安田〉
はい。いま思うと、そのことがよく分かります。私が能を辞めなかった理由の一つは、勉強ができなかったからでもあるんです。高校入学時、学年450人中、成績は後ろから二番目でした。しかも、最後の生徒とは一点差。自分は大した人間ではないという思いが、いまもどこかにあります。だから、ある意味では傲慢にならずにここまで歩いてくることができたのかもしれません。

弟子入りした当時、私は師匠の指導に納得できず、「自分だったらこうやるのに」と思っていました。しかし、これは思い上がりだと途中で考え直しました。無にならないと師匠の教えが分からないことに初めて気づいたんです。それからは稽古の時は、自分を捨てることを常に心掛けてきました。
「おまえたちは素人ではない。素人は100%を目指す。玄人は100%から始まるんだ」と教えられたことも、懐かしい思い出です。


(本記事は月刊『致知』2021年9月号 特集「言葉は力」より一部を抜粋・編集したものです)

◉「禅」と「能」——それぞれの道を究めてきた東洋思想家・境野勝悟さんと能楽師・安田登さんが縦横に語り合う、古典・先人の教えの神髄、人生・仕事への生かし方とは? 気になる内容は月刊『致知』2021年9月号 特集「言葉は力」をご覧ください電子版はこちら

【月刊『致知』2022年5月号 特集「挑戦と創造」おすすめ記事】
2022年5月号では、シテ方宝生流能楽師として、能楽はもとより、日本の芸術文化の可能性を追求し続ける辰巳満次郎氏に、その挑戦と創造の歩み、能楽に懸ける思いをお話しいただきました(詳細はこちら)

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる