大手証券会社で社長賞18回。伝説の営業・藤井政子が教える営業の極意

証券大手の大和証券で、優秀な社員に贈られる「社長賞」を実に18回も受賞し、〝伝説の営業〟と称された藤井政子さん。その圧倒的な営業力は、いかにして培われたのか――。営業プロとして欠かせないものを教えてくださいました。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

一流の営業員に大事な3つのこと

証券大手の大和証券で、優秀な社員に贈られる「社長賞」を18回も受賞し、“伝説の営業”と称された藤井政子さん。現在は大和証券を退職し、丸三証券で後進に仕事への向き合い方や“営業の極意”を伝えています。

藤井さんは、一流の営業員になるためには、人として誠実であること、何事も前向きにプラス思考ができること、そして気づく力が強い・時間管理がうまい・事前準備を怠らない、という3つが大事だと言っていますが、中でも特に大事なのが「気づく力」だそうです。

〈藤井〉
「中でも、気づく力は営業員にとってとても大事です。
例えばお客様と面談した時に、応接室に飾ってある絵や骨董品、使っているマグカップなどから、その方の性格や好み、会社の雰囲気に気づいてそれに対応していきます。
 ですから、ただぼーっと商売の話だけしている人より成長していきますし、結果も出していきます」

また、藤井さんご自身が特に心掛けているのは「事前準備」。営業に行く前には相手の方や会社のことを徹底して調べ、講義や研修をする時にも、「どうすれば臨場感がでるだろう」「新鮮に聞こえるだろう」と必ず鏡の前で練習しているといいます。この鏡の前での練習は、いまなお欠かさず続けているとのことです。

しかし、やはり最後には、「ひたむきな努力」が一流の営業員とそうでない営業員を分けるといいます。

「最後はやっぱり、ひたむきな努力ですね。特に若い人は人生経験も、知識も、何一つお客様に敵いません。唯一勝てるのはひたむきな努力だけです。
 そのひたむきな努力は誰かが見てくれていて、必ず報われると信じています。一つひとつの仕事に丹誠を込めて向き合って、常に自分を磨き高めようと努力すれば必ず相手の方に通じるんです」

藤井さんのお話には、営業に限らずどんな仕事でも、圧倒的な成果を出す人は習慣的な姿勢、基礎が盤石であることが大事なのだと学ばされます。


(本記事は『致知』2018年11月号 特集「自己を丹誠する」より一部を抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


致知出版社編集部ブログ
◇藤井政子(ふじい・まさこ)
昭和28年愛知県生まれ。62年に山一証券に営業職として入社。山一証券の自主廃業に伴い、平成9年大和証券に入社。大和証券を定年退職後、30年より現職。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる