圧倒的に口コミで広がる、毎月の定期購読者11万人

月刊『致知』は昭和53年の創刊時、「こんな堅い雑誌は誰も読まない」と言われました。

しかし、熱心な愛読者の口コミで徐々に広がりを見せ、書店では手に入らないにも拘らず、現在では、経営者やビジネスマン、公務員、専門職、主婦、学生など幅広い層に支持され、国内外11万人の方々が毎月心待ちにしてくださるまでになりました。

「いつの時代でも、人生にも仕事にも真剣に取り組んでいる人はいる。そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう」

この創刊理念のもと、人間学を学ぶ唯一の月刊誌として、有名無名を問わず各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の真実のご体験談を毎号紹介しています。

定期購読を申込む

『致知』が読み継がれる5つの理由

  • Point 1

    【本物主義】・・・有名無名を問わず各界の本物、一流の人物の生き方、体験談を学べる

  • Point 2

    【不易と流行】・・・人生や仕事を発展させる普遍的な法則と共に時流に合った教養を身につけられる

  • Point 3

    【人生の羅針盤】・・・人生の岐路で、心に残る言葉、人生を支える言葉に出逢える

  • Point 4

    【深い哲学】・・・古典や歴史の教えを通じて、ものの見方・考え方が深まる

  • Point 5

    【心の栄養】・・・読むほどに生きる喜び・希望・勇気・知恵・感動・ときめきを得られる

各界のリーダーも愛読

  • 京セラ名誉会長

    稲盛和夫 氏

    人生の成功、不成功のみならず、経営の成功、不成功を決めるのも人の心です。私は京セラ創業直後から人の心が経営を決めることに気づき、それ以来、心をベースとした経営を実行してきました。我が国に有力な経営誌は数々ありますが、その中でも、人の心に焦点をあてた編集方針を貫いておられる『致知』は際だっています。日本経済の発展、時代の変化と共に、『致知』の存在はますます重要になるでしょう。

  • 福岡ソフトバンクホークス球団会長

    王 貞治 氏

    『致知』と出会ってもう15年以上になる。人は時代の波に振り回されやすいものだが、『致知』は一貫して「人間とはかくあるべきだ」ということを説き諭してくれる。人生において、そうしたぶれない基軸を持つということがいかに大事であるか、私のような年代になると特に強くそう感じる。最近では若い人の間にも『致知』が広まっていると聞く。
    これからは私も『致知』に学ぶだけでなく、その学びのお裾分けを周りの方にしていきたいと考えている。

  • 茶道裏千家前家元

    千玄室氏

    月刊誌『致知』が創刊43周年という年を迎えられ、愛読される方々が増えている事を心より嬉しく思っております。何故なれば、日本人の「心のふるさと」を教え導いてもらうのが『致知』という一冊の雑誌なのですから。毎回の『致知』を読み、それこそ、人間にとって大切な「人間を学ぶ」としみじみ感じております。もっともっと多くの方がこの誌を通じて日本人としての誇りを培っていただけたらと念じております。

  • スポーツキャスター

    松岡修造氏

    『致知』は自分にとって、心を成長させてくれるなくてはならない存在。自分が自分らしくいる為の心を届けてくれている。それは、『致知』に登場する日本の先輩方からの人間学を感じることができるからだ。失敗や挫折からの体験、心の声から生まれた言葉。それこそが僕の心が感じ動かされる。そう、『致知』は、僕を本気で応援してくれている。

  • トヨタ自動車相談役

    張富士夫氏

    約20年前から購読するようになりました。友人から1年間贈っていただき、あぁこんなにいい雑誌があるのかと感動し、贈呈が終わった時からずっと毎月大切に読ませていただいています。
    日頃、仕事をはじめ目先のことに忙しく走り回っている我々にとって『致知』は一度立ち止まって周囲を見回し、自分の今いる場所を確かめ進む方向を示してくれる有難い存在です。人としての生き方を教えてもらっています。

  • アーティスティックスイミング日本代表ヘッドコーチ

    井村雅代 氏

    『致知』と出合ったのは2002年、プロ野球の村田兆治さんと対談をさせていただいた時から愛読しています。最近の若者は本を読むことを嫌う人が多いんですけど、『致知』は若者こそ読むべきだと思います。誌面に登場される方々の生き様、考え方を自分の中でシェイクして、自分に必要なものを心に刻んでいく。ぜひそういう読み方をしてもらいたいと思います。

定期購読を申込む

お客様から届いた喜びの声

  • 人生のバイブルです

    『致知』は人生のバイブルです。生きる知恵、喜び、推進力となる言葉のエッセンスが凝縮されている本です。毎月とても楽しみです。

    (東京都・林晃太郎様より)

  • 『致知』だけは飽きません

    大抵の本は飽きがくるんですが、『致知』だけは飽きません。人の心は耕しても耕しても尽きることはないんですね。汲めども尽きぬ母の愛にも似ている気がします。

    (熊本県・黒木充子様より)

  • 『致知』との出逢いで人生が変わった

    『致知』を通じて「利他の心」という言葉に出逢いました。いまのこの充実した人生・仕事は、『致知』に出逢っていなければ確実にありません。

    (愛知県・笹木郁乃様より)

  • コロナ禍のいま「読んでいてよかった」と実感

    コロナ禍にあって、私はいま「本当に『致知』を読んでいてよかった」と実感しています。『致知』で多くの方の経験や教えを学んでいたおかげで、心の平静さを保つことができているからです。

    (福岡県・井上覚様より)


脳科学の観点から、デジタルの文章は「情報として見るもの」、紙の文章は「五感を動かして読むもの」と言われています。
私どもの発行している『致知』は、ただ情報として目で追うものではなく、自分の生き方と照らし合わせて、「五感を動かして読んでほしい」という想いを込めています。
そのため、私たちはこのデジタル化の時代に、あえて紙媒体にこだわりを持って出版しています。

現代のようなデジタルメディア全盛の時代では、自分の興味分野にばかり目が向かい、「視野を広げる」「視座を高める」といった学びがなかなか難しい環境にあります。
そんな中、分野を問わず、厳選された良質な記事を年間でお届けする『致知』は、読み続けることで自然と自分の興味・関心の幅を広げてくれる、という声を実際にお客様からいただくことが多くあります。
市販されているものだと、その号のテーマに興味がなかったり、自分が忙しい時には、つい敬遠してしまいがちです。
その点、定期購読の場合は自分の都合に拘らず、決まった日に必ず届くため、読書する機会を確保しやすいでしょう。
日々忙しく過ごされている人にこそ、お薦めしたいのが『致知』の定期購読です。

『致知』バックナンバー

『致知』は毎月特集テーマを組んで新鮮な情報をお届けしています。
過去一年にはこんなテーマを組みました。

  1. 2021年 9月号

    「言葉は力」

  2. 2021年 8月号

    「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」

  3. 2021年 7月号

    「一灯破闇(いっとうはあん)」

  4. 2021年 6月号

    「汝(なんじ)の足下を掘れ そこに泉湧く」

  5. 2021年 5月号

    「命いっぱいに生きる」

  6. 2021年 4月号

    「稲盛和夫に学ぶ人間学」

  7. 2021年 3月号

    「名作に心を洗う」

  8. 2021年 2月号

    「自靖自献(じせいじけん)」

  9. 2021年 1月号

    「運命をひらく」

  10. 2020年 12 月号

    「苦難にまさる教師なし」

  11. 2020年 11 月号

    「根を養う」

  12. 2020年 10 月号

    「人生は常にこれから」

  13. 2020年 9 月号

    「人間を磨く」

  14. 2020年 8 月号

    「鈴木大拙(だいせつ)に学ぶ人間学」

  15. 2020年 7 月号

    「百折不撓(ひゃくせつふとう)」

  16. 2020年 6 月号

    「鞠躬尽力(きっきゅうじんりょく)」

  17. 2020年 5 月号

    「先達に学ぶ」

  18. 2020年 4 月号

    「命ある限り歩き続ける」

定期購読を申込む

最新号のご案内

最新号 9月1日 発行/ 10 月号

定期購読のご案内

試し読み

特集 天に星 地に花 人に愛

■対談/釈迦とキリスト——人類を照らし続ける 二大聖人が唱えた人間学
鈴木秀子(文学博士)
 &
横田南嶺(臨済宗円覚寺派管長)

■インタビュー/唇で獲得した光を祈りに変えて——視力と両手を失った私の教師人生
藤野高明(元大阪市立盲学校教諭)

■インタビュー/理論物理学者が語る宇宙の摂理と人間の生き方
佐治晴夫(理学博士)

■インタビュー/愛の実践者 後藤静香の遺した教え
 中澤宏則(後藤静香記念館館長)

■インタビュー/大自然の〝原風景〟が教えてくれたもの
白川義員(写真家)

■インタビュー/9歳で逝った息子へ 絵本に込めた母の祈り
美谷島邦子(「8・12連絡会」事務局長)

■インタビュー/信はいずれ愛となり、愛はやがて和となる
宮田博文(宮田運輸社長)

■対談/医は仁術なり——小児心臓外科の道に学んだ仕事の流儀
龍野勝彦(タツノ内科・循環器科院長)
 &
高橋幸宏(榊原記念病院副院長)

■対談/フランクル『夜と霧』が教えてくれた人間の光と闇
五木寛之(作家)
 &
永田勝太郎(国際全人医療研究所代表理事)

よくあるご質問

お支払方法は?

クレジットカード(Visa, American Express, Master, JCB, Diners)、郵便局・コンビニ支払いが可能です。

海外へのお届けはできますか?

『致知』は海外でもお読みいただけます。詳しくは海外便ページをご参照ください

1冊だけ購入はできますか?

定期購読をお申し込みいただいているお客様は、指定のバックナンバーを1冊からご購入いただけます。

定期購読を申込む

定期購読料とお申し込み方法

購読までの流れ

お申し込みからお届けまでの流れ、お支払い方法をご案内いたします。

購読までの流れはこちら

定期購読は1年と3年からお選びいただけます。

1年間 (全12冊)

定価 13,200円

10,500 (税込/送料無料)

1冊あたり約875円

3年間 (全36冊)

定価 39,600円

28,500 (税込/送料無料)

1冊あたり約792円

定期購読のお申込み

『致知』は書店ではお求めになれません。

電話でのお申込み

03-3796-2111 (代表)

受付時間 : 9:00~19:00(平日)

お支払い方法 : 振込用紙・クレジットカード

FAXでのお申込み

03-3796-2108

お支払い方法 : 振込用紙払い

閉じる