王貞治×荒川博――生涯唯一の師弟対談(後編)

 

荒川博さん24歳、王貞治さん14歳、球界に燦然と輝く868本のホームラン世界記録は、この二人の師弟の出会いから始まった――。両氏はどのような出会いを果たし、どのような特訓を経て、「世界の王」はつくられたのでしょうか。運命的な出逢いから55年の時を経て、初めて実現した荒川さんと王さんの貴重な対談をご紹介します(後編)。

本人のやる気を引き出す

(王)

僕も長年監督を務めてきましたが、荒川さんが最初に僕をご覧になった時と同じように、ぱっと見た時に、伸びるか伸びないかというのは分かるものです。

伸びる選手は能力が高くて体が頑丈な人。それからやはり、向上心が強い人ですね。

もし能力がありそうな選手であれば、向上心を目覚めさせることが先決です。

だから荒川さんの言葉のように、

「おまえの力はこんなものじゃない。タイトル争いができるような能力があるんだぞ」

と言って、目覚めさせたりすることが必要なのだと思います。

荒川さんからは、「言葉を使う」という指導の方法を教えていただいたから、僕も選手たちの心を鼓舞するような言葉を伝えてきました。

そうやって本人のやる気を引き出すことが、指導者にとっての大切な役割だと思います。

☆こちらの記事も人気です⇒柔道・井上康生を絶対的エースに育てた父親の指導法とは?」

奇人変人でなければ教える名人になれない

(荒川)

やる気を引き出すという点では、私がジャイアンツのコーチに着任して21歳の王を指導することになった時にこんな条件を出した。

「きょうから酒と煙草をやめろ。彼女がいりゃ、彼女も捨てて、バカ一筋になって3年間打ち込め」

プロの世界だから様々な誘惑があるだろう。でも若いんだから、3年や5年の間は我慢しろ、と言ったんだ。

私ができるか?と尋ねたら、王は迷いもせず、「はい」と答えた。

そこでまた「はい」って言ったところが凄いんだよ。

14歳の時とおんなじだった。7年後の、21歳の時に。だから珍しいんだよ、王みたいなのは。

これはやっぱり、お父さんのおかげ、お母さんのおかげだと思うよ。

(王)

荒川さんは、うまく鞭を使ったり、飴を使ったりしながら僕の心を奮起させてくださった。

まさに、「感奮興起」という言葉のとおり、何かに深く感じ入って奮い立ったり、自分自身が物凄く興に乗ったりすることによって、物事は動いていくものだと思うのです。

荒川さんは、教えるということに関しては、本当に奇人、変人といわれる範疇に入る人だと思います。

でもそれぐらいでなきゃ、教える側の名人にはなれないでしょう。

そういう人に出会えたことは、僕にとっては本当に、ラッキーなんてものじゃなくて、人生のすべて、といってもいいくらいのありがたいものでした。

(本記事は『致知』2009年8月号特集「感奮興起」より一部抜粋したものです。全文は本誌をご覧ください)

【著名人から寄せられた致知へのメッセージ】

王貞治 氏

福岡ソフトバンクホークス球団会長

『致知』と出会ってもう10年以上になる。人は時代の波に振り回されやすいものだが、『致知』は一貫して「人間とはかくあるべきだ」ということを説き諭してくれる。人生において、そうしたぶれない基軸を持つということがいかに大事であるか、私のような年代になると特に強くそう感じる。最近では若い人の間にも『致知』が広まっていると聞く。これからは私も『致知』に学ぶだけでなく、その学びのお裾分けを周りの方にしていきたいと考えている。

人間力を磨きたいあなたのお手元に、
『致知』を毎月お届けします。

人間学の月刊誌 致知とは