柔道・井上康生を絶対的エースに育てた父親の指導法とは?

子育て・教育

リオ五輪で2つの金メダルを含め、全7階級でのメダル獲得へと導き、お家芸復活を成し遂げた全日本柔道男子代表監督の井上康生さん。現役時代にはシドニー五輪金メダルをはじめ、世界選手権と全日本選手権で共に3連覇を果たし、3冠王者に輝いた。井上さんはどのようにして絶対的エースへと育ったのか。

人より1本でも2本でも多くやる

――いま全日本柔道の指導者として重責を担われているわけですが、そもそも柔道の道に入られたきっかけは?

(井上) 

私の父が警察官であり、柔道家でもありました。父はあまり体が大きくなかったんですが、得意の内股で大きな相手を投げる。その姿を見て非常に感激しまして、5歳の時に柔道を始めました。

身長が高かったこともあって、実は7か月で宮崎県大会の幼稚園の部で優勝したんです。そこから柔道の楽しさ、勝つ喜びを感じるようになって、のめり込んでいきました。

ありきたりな言葉になるかもしれませんが、柔道が好きで好きでしょうがない子でした。ですから、父に「厳しいことでもどんどん教えてほしい」といつも言っていましたね。厳しい練習だろうが何でも耐えると。とにかく柔道で強くなりたいという思いで毎日を送っていたように思います。

――強くなるためにどんなことをされていましたか?

(井上)

私の足腰をつくってくれた原点は、近くの公園にある150段くらいの石段で徹底的に走り込んだことですね。

小学校高学年になると、普通に何本かランニングをした後に、75キロくらいある父をおんぶして石段を往復していました。5往復しろと言われれば6往復する。人より1本でも2本でも多くやりたい、そうじゃないと強くならないと思っていました。

私には3つ上の兄がいまして、兄も柔道をやっていました。全国レベルの選手でしたし、やっぱり3つも離れているとなかなか勝てないんですね。その兄には絶対負けたくないと思って、兄が休んでいる時でも練習をしていました。

――お父さんという師がいて、お兄さんというライバルがいて、負けん気の強い自分がいたと。

(井上) 

そうですね。そういう恵まれた環境があったことも非常に大きかったと思います。

☆WEBchichiには、一流の方々の人財育成論が満載!もっと見たい方はこちらから

厳しさの裏にある深い愛情

――お父さんから受けた指導で、何か特に心に残っていることはありますか。

(井上)

父はとても厳しく、強烈な人だったので、いろいろと思い出はあるんですけど、私が現役を引退する少し前、父がこんなことを言ったんです。「おまえが子供の時、厳しくしたのは辛かった」と。

実は父が本格的に指導してくれるようになったのは、私が小学校3、4年生の時でした。ある日、「よし、分かった。俺はおまえを本気で鍛える」と言ったんです。それまでは本当に自由にさせてもらっていたんですけど、次に道場に行った時、私が「お父さん」という言葉を発したら、げんこつが飛んできた。で、意味が分からなくてもう一度「お父さん」って言ったら、またやられたんです。

俺は何も悪いことしていないのにと思ったんですけど、パッと兄の姿を見た時に、「先生」って呼んでいたんですね。ああ、そうやって言えばいいのかなと思って、恥ずかしながら「先生」と呼んだら何もされませんでした。

――ああ、言葉では説明しない。

(井上)

はい。父はその時のことを振り返って、「俺はお父さんって言われていたら、おまえには厳しく指導できなかった。やはり親と子の関係はしっかりと割らなければいけない。だから、あの時はおまえも意味が分からなかっただろうけど、それでも俺の指導は間違っていないと思っていたし、あれがあったからこそいまがあるんじゃないか」と話してくれたんです。

――父親の深い思いですね。

(井上) 

父自身も柔道家として世界を狙っていましたけど、達成できなかった。それをやっぱり我が子に託したいという思いで、一緒に戦ってくれていたんだなと。父がいたからこそいまの自分がいるんだなと思うと、本当に父には感謝の気持ちでいっぱいです。

そういう指導のおかげで小学校5、6年の時に全国少年柔道大会で優勝し、中学でも数々のタイトルを手にさせてもらったんです。

(本記事は『致知』2015年3月号に掲載された井上康生さんのインタビュー「勝利への方程式」より一部抜粋したものです)

☆月刊『致知』最新号には「父と子」に関する感動実話をはじめ、父親のあり方、子供の育て方など、仕事や人生に役立つ記事が満載!詳しくはこちらから

◇井上康生(いのうえ・こうせい)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和53年宮崎県生まれ。父親の影響で5歳から柔道を始める。平成9年東海大学入学。11年バーミンガム世界選手権大会100キロ級優勝を皮切りに、12年シドニーオリンピック柔道100キロ級金メダル、13年全日本選手権大会100キロ級で優勝し、22歳にして3冠王者に輝く。同年東海大学卒業。東海大学大学院体育学研究学科体育学専攻修士課程修了後、綜合警備保障入社。20年現役引退。23年4月より東海大学体育学部武道学科専任講師、東海大学柔道部副監督に就任。24年11月より史上最年少で全日本柔道男子代表監督に就任。

人間力を磨きたいあなたのお手元に、
『致知』を毎月お届けします。

定期購読のお申込みはこちら