王貞治×荒川博――生涯唯一の師弟対談(前編)

仕事力を磨く

荒川博さん24歳、王貞治さん14歳、球界に燦然と輝く868本のホームラン世界記録は、この二人の師弟の出会いから始まった――。両氏はどのような出会いを果たし、どのような特訓を経て、「世界の王」はつくられたのでしょうか。運命的な出逢いから55年の時を経て、初めて実現した荒川さんと王さんの貴重な対談をご紹介します(前編)。

二人の出逢い

(王)

思えば僕が中学2年の時、草野球の試合に出ていたのを目に留めていただいたのが、荒川さんとの初めての出会いでしたね。

(荒川)

そう、忘れもしないね。当時24歳だった私はプロ野球の選手だった。

オフに近所の隅田公園へ出掛けていったらそこに凄いピッチャーがいたんだ。

ところがその子は左で投げているにもかかわらず、打つ時になると、なぜか右で打つんだよ。

1打席目3塁ゴロ、2打席目ショートフライ。

覚えてる?

(王)

いや、全然覚えてませんね(笑)。

(荒川)

それで3回目の打席に立った時にね。

「ちょっと待って、坊や。君は何で右で打ってるの? 本当は左利きなんだろう? 次の打席は左で打ってごらん」

と声を掛けたら、

「はい」って素直に言ったんだよ。これがすべてのきっかけだな。

普通、それまで左で打ったこともない子が、試合中にいきなりそんなことを言われたら、

「できない」って言うのが当たり前だよ。

ところが次の打席で左ボックスに入ったその坊やは、いきなり2塁打をかっ飛ばした。

(王)

それは覚えてますね(笑)。

(荒川)

私はその時に、あ、この子を、母校の早稲田実業に入れようと思った。そうすれば絶対に甲子園で全国制覇ができるって。

それで試合が終わるまで待って、早実に入るよう勧めたんだ。

☆こちらの記事も人気です⇒ 「幸せを捨てて、幸せを得た」――羽生結弦はなぜ圧倒的に強いのか?

習い方がうまい人には、習う素直さがある

(王)

僕にとっても、プロ野球選手から声を掛けられたことは物凄く大きなものがありました。

自分が考えていた以上に、野球の腕を高く評価してもらえたことが凄く嬉しかったですね。

本当にありがたい出会いでした。

(荒川)

しかし、それにしてもあの時、左で打てと言われて、

「はい」って答えた素直さね。

これが王の1番のいいところであって、それが今日の成功をもたらしたんだよ。

だから私はいつも、

「習い方がうまい人とは、習う素直さがある人だ」

と言うんだよ。

これがもう第1条件なんだよね。

王はその後も、私に口答えしたことは1回もない。

(王)

こちらは教わる側ですからね。プロに入ってからの荒川さんとの練習でも、結局僕のほうは無に等しいわけですから、教えていただける以上はすべてを受け入れる、という気持ちで取り組みました。

だから、とにかく教えられたとおりにやる、ということがスタートでしたね。

 

(本記事は『致知』2009年8月号特集「感奮興起」より一部抜粋したものです。全文は本誌をご覧ください)

【著名人から寄せられた致知へのメッセージ】

王貞治 氏

福岡ソフトバンクホークス球団会長

『致知』と出会ってもう10年以上になる。人は時代の波に振り回されやすいものだが、『致知』は一貫して「人間とはかくあるべきだ」ということを説き諭してくれる。人生において、そうしたぶれない基軸を持つということがいかに大事であるか、私のような年代になると特に強くそう感じる。最近では若い人の間にも『致知』が広まっていると聞く。これからは私も『致知』に学ぶだけでなく、その学びのお裾分けを周りの方にしていきたいと考えている。

人間力を磨きたいあなたのお手元に、
『致知』を毎月お届けします。

人間学の月刊誌 致知とは