「人間、死ぬまで命はあるんだよ!」——田坂塾塾長・田坂広志さんが生死の境で掴んだ覚悟

激変する国際情勢、新型コロナウイルスの世界的蔓延など、いま私たちは出口の見えない危機、「死中」にあります。出口の見えないトンネルの中でどう光を見出し、力強い一歩を踏みだしていくか――。重い病の絶望から立ち直った経験を持つ田坂塾塾長の田坂広志さんに、人生を変えた禅師の言葉、死中に活を見出すために求められる覚悟についてお話しいただきました。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

人生を変えた禅師の一喝

〈田坂〉

いまから38年前、32歳のとき、私は重い病を患い、医者から「もう長くは生きられない」との宣告を受けました。

医者から見放され、自分の命が刻々失われていく恐怖と絶望の日々、両親は私に、ある禅寺に行くことを勧めました。藁をも掴む思いで、その寺に行きましたが、そこには何かの不思議な治療法があるのではとの期待は、すぐに打ち砕かれました。寺を訪れると農具を渡され、ただひたすら畑仕事で献労をすることが求められたのです。

明日の命も知れぬ自分が、なぜこんな農作業をやらなければならないのか。そう思いながら鍬を振り下ろしていると、不意に横から「どんどん良くなる! どんどん良くなる!」と叫ぶ声が聞こえてきました。見ると一人の男性が懸命に鍬を振り下ろしている。しかし、その足は大きく腫れ上がり、ひと目で腎臓を患っていることが分かりました。休憩時間に声を掛けると、その男性は言いました。

「もう10年、病院を出たり入ったりですわ。一向に良くならんのです。このままじゃ家族が駄目になる。自分で治すしかないんです!」

その覚悟の言葉が胸に突き刺さってきました。そして、その瞬間、一つの思いが湧き上がってきました。「そうだ、自分で治すしかないんだ!」。それまで自分は、医者が治してくれないか、この寺が何とかしてくれないかと、常に他者頼みであり、自分の中に眠る無限の生命力を信じていませんでした。それが最初の気づきでした。

それから数日後、山の中腹の畑を耕しに行くことになりました。当番になった私が仲間に農具を配り終え、先に出発した仲間を追って山道を登り始めると、思わず言葉を失う光景を目にしました。

それは、足を患っている献労仲間の老女が、鍬を杖にして、山道を必死に登っていく姿でした。

農作業はおろか、歩くことすら困難なのに、不自由な足で、鍬にすがりながら、山道を登っている。

しかし、その後姿から、その老女の覚悟の声が聞こえてきました。

「たとえ畑に辿り着けなくとも良い! 私は全身全霊、この命を振り絞って登り続けます!」

私は思わず心の中で手を合わせ、「有り難うございます。大切なことを教えて頂きました」と念じながら、横を通り過ぎていきました。

その献労の日々を続け、寺の禅師との接見がかなったのは、ようやく九日目の夜でした。

長い廊下を渡って部屋に入り、一対一で向き合った禅師は、力に満ちた声で、私に聞きました。

「どうなさった」

「はい、実は……」

私は堰を切ったように苦しい胸の内を吐き出しました。重い病気を患っていること、医者からもう命は長くないと言われたこと、一縷の望みを抱いてこの寺へやってきたこと……。禅師はきっと、何か励ます言葉をかけてくれるに違いない。そう期待しながら語りました。

私の話を聞き終えて、しばしの沈黙の後、禅師は言いました。

「そうか、もう命は長くないか」

「はい……」

その後、禅師は、腹に響く声で力強く、こう言ったのです。

「だがな、一つだけ言っておく。人間、死ぬまで命はあるんだよ!」

一瞬、何を言われたのか理解できませんでした。当たり前のことを言われた気がした。しかし、禅師は続けてもう一つ、力強く言葉を語ると、接見を終えました。

私は部屋を出て長い廊下を戻りながら、禅師の言葉を思い起こしました。その瞬間、突如、気づいたのです。

そうだ、禅師の言う通りだ! 

人間、死ぬまで命があるにも拘らず、私は、もう死んでいた!

どうしてこんな病気になってしまったのかと「過去を悔いる」ことに延々と時間を使い、これからどうなるんだろうと「未来を憂うる」ことに延々と時間を使い、かけがえのない、いまを生きてはいなかった。

その瞬間、禅師が続けて語った言葉が、心に甦ってきたのです。

「過去は無い。

未来も無い。

有るのは、

永遠に続く、いまだけだ。

いまを生きよ!

いまを生き切れ!」

この言葉が胸に突き刺さってきました。そして、このとき、私は、一つの覚悟を心に定めたのです。

「ああ、この病で、明日死のうが、明後日死のうが、もう構わない! それが天の定めなら仕方ない。しかし、過去を悔いること、未来を憂うることで、今日というかけがえのない一日を失うことは、絶対にしない! 今日という一日を、精一杯に生き切ろう!」

そして、そう覚悟を定めた瞬間、私は病を超えたのです。もとより、奇跡のように病が治ったわけではない。しかし、心が病に囚われなくなったのです。


◎2021年12月号 特集「死中活あり」にて、田坂広志さんに、「病とは福音なり、逆境とは好機なり」「逆境に処する『5つの覚悟』」、「絶対肯定の想念を掴む『2つの祈り』」など、コロナ危機に沈む社会をどう生き切るか、人生・仕事の死中を突破していく極意を語っていただいています。

◇田坂広志(たさか・ひろし)
昭和26年生まれ。56年東京大学大学院修了。工学博士。民間企業、米国シンクタンクを経て、平成2年日本総合研究所設立に参画。12年多摩大学大学院教授に就任。23年内閣官房参与に就任。25年全国から7千名の経営者が集う田坂塾を開塾。著書90冊余、近著に『すべては導かれている』(小学館)『運気を磨く』『運気を引き寄せるリーダー 七つの心得』『人間を磨く』(いずれも光文社新書)など。

 

各界トップリーダーもご愛読! 月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる