「分」と「任」を考える——稲盛和夫に学んだ経営者の条件(パスポート社長・濵田総一郎)

左が濵田氏。稲盛和夫氏と

1994年、39歳の時に盛和塾に入塾、以来、新経営の神様とも称される京セラ創業者・稲盛和夫氏の人生・経営の神髄を学んできたパスポート社長の濵田総一郎さん。いま27社のグループ会社を率いる濵田さんに、稲盛和夫氏の心に残る教えについて語っていただきました。

【好評御礼】
『致知』2021年4月号 特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」は、おかげさまで大反響、多くの感動の声をお寄せいただきました。皆様に心より御礼申し上げます。
稲盛和夫氏による秘蔵講話ほか、永守重信氏(日本電産会長)、野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)、山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究財団理事長)、長渕剛氏(シンガー・ソングライター)らが競演する永久保存版。
バックナンバー詳細はこちら

経営者に求められる「分」と「任」

〈濵田〉
稲盛塾長には、経営の転機となる貴重なアドバイスをいくつもいただいてきました。

経営に行き詰まった会社を引き受けてほしいと銀行から頼まれ、社会的意義や情にほだされて断り切れずに再建に乗り出したことがありました。歴史的、文化的な価値も高い会社であったので引き受けたのですが、再建には思いがけず悪戦苦闘しました。

思いあまって稲盛塾長に相談したところ、次のようなお話を聞かせてくださいました。

「私のところへもたくさんの話がくるが、悪魔のささやきだと思ってほとんど断ってきた。歴史的、文化的価値があることは、会社を引き受ける理由にはならない。
 引き受けるか否かを判断する時には『分』と『任』というものを考えなければならない。分とは力だ。銀行が支援を依頼してくるのだから分という力量はあるのだろう。しかし、それを引き受けるに相応しい人が他にいるのではないか。
 それを引き受けることによって自分の本業に支障が出て、社員が苦労するようでは、分はあってもその任にあらずということだ」

多くの同業者の再建を成し遂げてきた経緯から、稲盛経営哲学とアメーバ経営さえあれば、どんな会社でも再建できると私は思い込んでいました。

しかし稲盛塾長のお話を伺い、私は自分の慢心に気づかされました。経営者とは徹底した理想主義者であると同時に、徹底した現実主義者でなければならないことを胸に刻んだのです。

おかげさまで、その後は経営の舵取りにおいて間違いを犯すことがほとんどなくなりました。現在では27社のグループ企業を擁し、連結の売上高は550億円、経常利益は20億円を計上するに至っています。


(本記事は月刊『致知』2021年4月号 特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」より一部を抜粋・編集したものです)


◎2021年4月号 特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」は、おかげさまで大反響をいただきました。稲盛和夫氏による12ページに及ぶ秘蔵講話をはじめ、永守重信氏(日本電産会長)、野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)、山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究財団理事長)、長渕剛氏(シンガー・ソングライター)をはじめ稲盛氏に縁ある方々の感動的な実話、証言が満載です。【バックナンバー詳細はこちら

◇濵田総一郎(はまだ・そういちろう)
昭和30年鹿児島県生まれ。武蔵大学卒業。東武鉄道勤務を経て帰郷し、家業の立て直しに尽力。平成3年独立してパスポートを創業、社長に就任。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる