生誕125年。『修身教授録』著者・森信三の〝運命を創る〟言葉集

哲学者として、また教師として、多くの人を教え導いた森信三師。代表的著作として知られる『修身教授録』は、教育界に留まらず、現代の名立たる経営者やビジネスマンが座右の書として挙げています。9月23日は、そんな森師のお誕生日。2021年、生誕125年を迎えるその教えとはどんなものだったのか。『修身教授録』の中から、いかなる時代でも自分の人生、運命を力強く生きるエネルギーに満ちた言葉の数々を一挙にご紹介します。
◉森信三先生と月刊『致知』の歩み

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

運命を創る森信三師の金言集

「わが身に降りかかった悲痛事に対して、その何ゆえか(WHY)を問わない。それよりも如何に(HOW)対処すべきかが大切」――『森信三 一日一語』より

「世間的な約束事などには囚われないで、自分のしたいことは徹底してやり抜く。そうすれば、そこに一つの火が点されます。いかに長いトンネルでも掘る手を止めねば、いつかは必ず貫通する」――月刊『致知』20156 月号 特集「一天地を開く」より

「人間は片手間仕事をしてはならぬ。やるからには生命を打ち込んでやらねばならぬ」――月刊『致知』20149月号 特集「万事入精」より

「他人に感動を与える人は疲れない」――『森信三 運命を創る100の金言』より

「人間、何事もまず10年の辛抱が肝要。そしてその間抜くべからず、奪うべからずは基礎工事なり。それば黙々10年の努力によりて、一おう事は成るというべし」――『森信三 一日一語』より

「毀誉褒貶(きよほうへん)を越えなければ、一すじの道は貫けない」――『森信三 一日一語』より

「自分より遙かに下位の者にも、敬意を失わざるにいたって、初めて人間も一人前となる」――『森信三 一日一語』より

「生を真剣に生きようとしたら、何人も読書というものと、無関係ではありえない」――『人生論としての読書論』より

「人生の晩年に近づいたならば、青壮年の時代以上に、はるかに心を引きしめて、人生の晩年の修養に努めねばならぬであろう」――『森信三 運命を創る100の金言』より

「尊敬する人がなくなった時、その人の進歩は止まる。尊敬する対象が年とともにハッキリしてくるようでなければ、真の大成は期し難い」――『人間学入門』より


(本記事は月刊『致知』および致知出版社刊行の著書より一部抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


致知出版社編集部ブログ

◉森信三先生の教えを目と耳で学びたい◉
そんな方にはこのDVDがおすすめです!
『森信三講演録|人生二度なし』=6,264円(税込)

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる