原因不明の体調不良を救った発酵食品の力——栗生隆子の体験的健康法

14歳から20年以上も原因不明の体調不良に苦しめられた栗生隆子さんを救ってくれたのが発酵食品だったといいます。以来、発酵生活研究家として活動を続ける栗生さんに、発酵食品との出逢いとその力について語っていただきました。

発酵食品で体調不良から立ち直る

〈栗生〉

何事にも共通すると思いますが、覚悟し、一度受け入れることからすべての道は開けるのでしょう。病の自分を全肯定した僅か4日後に、それまであらゆる方法を試しても一向によくならなかった私の体に合う治療法に出逢うことになります。2004年のことでした。

それは「冷え取り健康法」と言って、靴下を重ね履きして体の冷えを取り除くことで、あらゆる体の不調を改善していく治療法でした。紹介を受けた当初は、腸が悪いのに足しかケアしないこの方法に疑問を抱きながらも、冷え取り靴下を履くと、体が温かくなった実感がありました。そして1年ほど続けると、あれほどひどかった過敏性腸症候群が7~8割方、治ったのです。

ちょうどその頃に出逢ったのが、発酵食品でした。偶然立ち寄ったデパートの物産展で、酒屋さんから甘酒の試飲を勧められたのがきっかけです。

まだ腸の状態が万全ではないので躊躇しましたが、甘酒は老若男女問わず飲めて、「天然の点滴」と言われるほど疲労回復にも効果があると教えていただき、半信半疑で飲んでみると、腸がほっと落ち着くのが分かりました。

それまで何かを食べてこんなにも腸が好反応を示したことはなかったので非常に驚きました。原材料を見ると、「米と米麹」と書いてあります。「麹って何? カビの一種?」。そんな無知のところから麹について調べ始めました。

私が麹に出逢った2005年頃は「塩麹」がブームになる前で、いまのように手軽に麹や甘酒が売られている状況ではありませんでした。酒屋さんや味噌屋さんから麹を分けていただきながら発酵について学んだり、通販を利用する場合でもネットではなく必ず電話で注文し、そこで一つ質問をさせてもらう形で知識を増やしていきました。

独学で発酵について学ぶうちに、発酵食品に含まれる菌が腸内菌を蘇らせ、薬に頼らずに過ごせるまでに回復。頭痛、めまい、肩こりも解消された他、肌が潤って保湿剤が不要になるなど、全身がイキイキとしてきたのです。

心も体も元気になった上に、味もおいしいとあって、発酵の虜になりました。麹に始まり味噌や醤油、ヨーグルトなどの食品、さらにはお米のとぎ汁で簡単にできる「お米の発酵水」をつくって、掃除に活用するようにもなりました。

こうした生活は何も特別なことではなく、昔から生活の知恵として家庭で行われていたことです。近年薄れつつあるそうした習慣を1人でも多くの人に伝えるために、冒頭で述べた「発酵生活研究家」としての活動を開始したのです。私は専門家ではないので、家事全般で発酵を使った生活をしている意味合いを込めて「発酵生活研究家」と名付けました。

とは言え、初めは趣味の延長線上のような形でスタートしました。豆乳と玄米を発酵させてつくる豆乳ヨーグルトがなかなか上手につくれず、その情報交換のためにフェイスブック上で「TGG豆乳ヨーグルト同好会」というグループをつくったのが始まりです。自分でも笑ってしまうほど成功せず、その試行錯誤する様子を投稿することで、誰かが笑ってくれたらいいなという思いで、毎日失敗作をシェアし続けました。

すると、あっという間にメンバーは100名を超え、参加者同士で発酵に関する情報を活発に共有し合うようになったのです。そして既にコツを掴んでいる方がグループに参加し、指南してくださったことで私の腕も上達しました。

現在、このグループでは豆乳ヨーグルトだけでなく、梅干しや甘酒、漬物、味噌、天然酵母パン、ぶどうや柿の果実酢など発酵食品全般に関する投稿がなされ、会員数も1万5千人を有するまでになっています

(本記事は月刊『致知』2018年11月号特集「自己を丹誠する」より一部を抜粋・編集したものです。『致知』には人間力・仕事力を高める記事が満載! 詳しくはこちら

栗生隆子(くりゅう・たかこ)

昭和47年岐阜県生まれ。14歳の時から20年以上、原因不明の体調不良に悩まされるも、平成16年に冷え取り健康法に、17年に発酵食品に出逢い、病を完治。以来、発酵食品の魅力を伝えるべく精力的に執筆活動や国内外で講演を行う。管理人を務めるフェイスブック「TGG豆乳ヨーグルト同好会」は1万5千人ものメンバーが集う。著書に『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人! 』(マキノ出版)『からだにおいしい発酵生活』(宝島社)など多数。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは