稲盛和夫氏が『致知』に贈ったメッセージ

経営を通じて培った原理原則を哲学にまで深め、一代で一兆円企業を築き上げた京セラ名誉会長の稲盛和夫さん。「最後の仕事」として、2010年に経営破綻した日本航空の会長に就任し、「再建は不可能」といわれた同社を、わずか2年で再上場に導いたその経営手腕には、誰もが驚嘆しました。

 そんな稲盛さんが、26年前、『致知』に寄せてくださったメッセージがあります。その全文をご紹介します。

読書の秋 古典で教養を高めようキャンペーン開催中!

【まだ『致知』をお読みでない方におすすめ】11/8(木)~11/14(水)の間に月刊『致知』の定期購読を新規でお申込の方全員にダウンロード特典をプレゼントいたします! 詳細は、こちら(お申込をされる際には必ず「HP・WEBchichiを見て」を選択してください)

◆ダウンロード特典 「『論語』の名句」一週間の言葉カレンダー

稲盛和夫氏メッセージ

昨今、日本企業の行動が世界に及ぼす影響というものが、従来とちがって格段に大きくなってきました。日本の経営者の責任が、今日では地球大に大きくなっているのです。このような環境のなかで正しい判断をしていくには、経営者自身の心を磨き、精神を高めるよう努力する以外に道はありません。

 人生の成功不成功のみならず、経営の成功不成功を決めるものも人の心です。私は、京セラ創業直後から人の心が経営を決めることに気づき、それ以来、心をベースとした経営を実行してきました。

 経営者の日々の判断が企業の性格を決定していきますし、経営者の判断が社員の心の動きを方向づけ、社員の心の集合が会社の雰囲気、社風を決めていきます。このように過去の経営判断が積み重なって、現在の会社の状態ができあがっていくのです。

 そして、経営判断の最後のより所になるのは経営者自身の心であることは、経営者なら皆痛切に感じていることです。

 我が国に有力な経営誌は数々ありますが、その中でも、人の心に焦点をあてた編集方針を貫いておられる『致知』は際だっています。日本経済の発展、時代の変化と共に、『致知』の存在はますます重要になるでしょう。

 稲盛和夫(いなもり・かずお)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和7年鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。34年京都セラミック(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、平成9年より名誉会長。昭和59年には第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任、平成13年より最高顧問。22年には日本航空会長に就任し、27年より名誉顧問。昭和59年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。また、若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。著書に『人生と経営』『「成功」と「失敗」の法則』『成功の要諦』(いずれも致知出版社)など。

◇稲盛和夫さんも月刊『致知』を愛読しています

━━━━━━━━━━━━━━━━

月刊『致知』創刊40周年、おめでとうございます。日本人の精神的拠り所として、長きにわたり多大な役割を果たしてこられたことに、心から敬意を表します。

『致知』は、創刊以来、人間の善き心、美しき心をテーマとする編集方針を貫いてこられました。近年、その真摯な姿勢に共鳴する読者が次第に増えてきたとお聞きしています。それは、私が取り組んでまいりました日本航空の再生にも似て、まさに心の面からの社会改革といえようかと思います。

今後もぜひ良書の刊行を通じ、人々の良心に火を灯し、社会の健全な発展に資するという、出版界の王道を歩み続けていただきますよう祈念申し上げます。

京セラ名誉会長 日本航空名誉顧問 稲盛和夫

 

読書の秋 古典で教養を高めようキャンペーン開催中!

【まだ『致知』をお読みでない方におすすめ】11/8(木)~11/14(水)の間に月刊『致知』の定期購読を新規でお申込の方全員にダウンロード特典をプレゼントいたします! 詳細は、こちら(お申込をされる際には必ず「HP・WEBchichiを見て」を選択してください)

◆ダウンロード特典 「『論語』の名句」一週間の言葉カレンダー

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら