成功する人は、脳に何をインプットしているのか?

Jリーガー、プロ野球選手、プロゴルファーなどトップアスリートをはじめ、経営者、ビジネスパーソンなど、一流の成功者の脳力開発に携わっているサンリ会長・西田文郎さん。現在、大リーグで大活躍中の大谷翔平選手も、同社の脳力開発研修を受けた一人だといいます。長年の研究から誕生した脳と心に対するアプローチは、各界で大きな成果を生み出しています。そんな西田さんに聞く成功する人の共通点とは――。

☆現在、豪華特典あり『致知』創刊キャンペーンを実施中(~9月2日まで)!詳細・『致知』のお申し込みはこちらから

「アホ」の正しい定義

(西田)

世の中には大きく分けて2種類の人間しかいません。

どうせ自分なんてこんなものだよと思って生きている「否定的錯覚型」と、本田宗一郎さんのように、小さな町工場の親父であってもみかん箱の上に乗って、「世界のホンダになる!」と叫んでいるような「肯定的錯覚型」。

たとえ何回躓いても「次はできる、自分はできる」と、そういう錯覚がずーっと続かない限り、絶対に成功者にはならないんですね。

だから、要するに成功者とは何かといえば、常識で考えれば99%は無理だと思われることを「絶対にできる!」と思っている、ただの“アホ”なんです。

私は仲間の経営者の方々と集まって夢を語り合う「アホ会」というのを長いことやらせていただいているんです。

アホの定義は、「不可能なことはない!」と思っていること、そして人を喜ばせることが大好きなこと。だから当日会場にきたらマイナスな言葉は一切禁止にして、仲間がどんなとてつもない夢を語っても「おまえならできる!」と言わなきゃいけない。アホ会では「あんたは日本一のアホだ」と言われると、みんな大喜びです(笑)。一部上場企業の社長もたくさんいます。

☆経営、仕事力を磨き高める珠玉の体験談が満載!稲盛和夫氏もご推薦、月刊『致知』の詳細はこちらから

「自分には運がある」と思いますか?

最近でこそイメージトレーニングが重要だということは十分認知されていますが、僕は1970年代から取り組んできました。

当時日本の有名大学に「参考になるような話を聴きたい」と電話をしましたが、脳の病の研究はしていても、機能研究はやっていなかった。だから本当に手探りで始めて、最初の8年間は失敗ばかりでした。しかしその間、何十万人という方々のデータをいただき、それが後の大きな財産になったんですね。

皆さんに必ず何項目かの設問に答えていただくのですが、育ちも生まれも仕事も違いますから、当然違うところに○をつけるわけです。ところが、成功している人はみんな同じところに○をつけている。その一つが、

「自分には運があると思う」

というところだったのです。ああ、そうかと。脳は10万台のパソコンよりも高性能ですから、脳に「自分は運がある、ツイている」というソフトが組み込まれていれば、目標をインプットすると、こうしたらできる、ああしたらできると、「できる」ことばかりがイメージとして浮かんでくる。そういう状態であれば、確かにイメージトレーニングも効果的です。

しかし、脳に「ツイていない」というソフトが組み込まれていると、過去の体験から「できなかった」「やっぱり無理」といったトラウマばかりが検索され、できない姿ばかりがイメージされる。だから成功するには、まずは脳を「自分には運やツキがある」というソフトに替えないといけない。そのことに気がついたのです。

本当に優秀な人たちには、共通して運を感じる力「運感力」というものがあるんです。で、運があると感じている人間は、根拠のない自信を持っているんです。根拠があれば自信なんて誰でも持てますから。

(本記事は月刊『致知』2011年3月号 特集「運とツキの法則」より一部抜粋したものです。『致知』には人間力・仕事力を高める記事が満載!詳しくはこちら

◇西田文郎(にしだ・ふみお)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和24年東京都生まれ。40年代から科学的なメンタルトレーニングの研究を始め、能力開発プログラムを構築。科学的、実践的なメンタルマネジメントを多分野に導入する。現在経営者の勉強会である「西田塾」主宰。トップスポーツマンやビジネスマンの能力開発指導などに当たる。著書に『10人の法則』(現代書林)など多数。

☆西田文郎さんもご愛読、『致知』が紙媒体にこだわる理由

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら