逸話に見る安岡正篤師 蒋介石と台湾

ご存知のように賀屋(興宣)さんも安岡さんも、台湾の蒋介石や張群と親しかった。
お二人とも刎頸の交わりを蒋介石や張群としとったようです。

日本が終戦当時、蒋介石に助けてもらったということで、その恩を忘れてはいけないということでした。
にわかに中国になびいて、台湾に見向きもしないようなやり方ではダメだ、と安岡先生はいつもいっておられた。
そういう点では節を曲げない人だった。

張群という人はまだ生きており、蒋介石とは同僚というか、パートナーでした。
敗戦の時、日本を分割することを反対したり、賠償金をとらなかった。
仮りに分割されていたとしたら、日本もドイツや朝鮮のようになってしまったでしょうね。
その上で、三百万だか四百万の兵隊を日本へ無事に送り帰してくれた。
こうした蒋介石の決断に日本国民として感謝しなくてはいけない。
ともかくも安岡先生の魅力は、時の権力に屈せず、正しいことを貫く。
憂国の日本の将来に対して心配した最後の国士だった。

電気興業会長・萩原憲三(『致知』1984年3月号より)