逸話に見る安岡正篤師 弟子に宛てた密書

昭和二十年の二月に、私は先生から極秘の封書をいただきました。
それには、「この戦いに日本は必ず敗れる」ということが書かれてありました。
戦局は確かに悪くなっておったけれど、まだ普通の人は戦争に負けるという実感はなかったと思う。
それと敗戦というような言葉を使うことはタブーですから、これにはびっくりしました。
ゆえに秘密の手紙と称しているわけです。

残念ながら、この手紙は手許に残っておりませんが、
「このまま行けば日本は必ず敗戦する。
しかしこれは軍と官が敗れるのであって、国民が敗れるわけではない。
ゆえに神州は不滅である。
その時に今後は七転び八起きの精神で、日本を復興させねばならない。
そのためには今の自分の仕事に精を出すことだ」
というようなことが書かれていました。

事実その時分、先生は、このままいけば日本は不幸な立場に立つと考えて、中国との関係を速やかに収めようと、民間外交を考えておられたのです。

(伊與田覺著『安岡正篤先生からの手紙』より)