「あれが本当のファンなんだよ」——工藤公康が王貞治監督に学んだリーダーのあり方

現役時代はピッチャーとして224もの勝星を重ね、11度の日本一に貢献。さらに監督としても7年間でチームを5度日本一へと導いた球界の雄・工藤公康さん。その工藤さんが選手としても、指導者としても大きな影響を受けたのが、王貞治監督です。今も忘れられないという、王監督との感動エピソードをお話しいただきました。※対談のお相手は手術成功率98・7%を誇る小児心臓外科医・高橋幸宏さんです。

◎各界一流の方々の珠玉の体験談を多数掲載、定期購読者数NO.1(約11万8000人)の総合月刊誌『致知』。あなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら
購読動機は「③HP・WEB chichiを見て」を選択ください

出会いが自分を導いてくれた

〈高橋〉
……工藤さんは、広岡監督からアメリカ留学の機会をいただいたことが、野球に対する「価値感と使命感」を養う大きな転機になったといえますね。

〈工藤〉
そうですね。広岡監督のことでいまでも強く印象に残っているのは、入団間もない年始の出来事です。1月4日に帰省先の実家でのんびり新聞を開くと、監督が前日に誰も寮に戻ってきていないのを見て、「やる気のないやつはやらなくていいんだ!」と激怒していたと報じてありました。

慌てて寮に戻ると、広岡監督が仁王立ちしている。挨拶もそこそこにユニフォームに着替えて練習を始めました。監督はそれから一日も休まず僕たちの練習を見に来ましたが、「練習しろ」とはひと言もおっしゃらない。選手に悟らせ、自分で動いてよくなっていく。「見る」ことの大切さを学びました。

改めて振り返ると、僕は会う方、会う方に支えていただいてきょうまで歩んできました。小中学校の先生や高校の中村監督がそうですし、プロになったばかりの若い頃は、広岡さんと、広岡さんの前の監督で球団管理部長だった根本陸夫さんが、僕を厳しく導いてくれる親のような存在でした。それから何と言っても、王貞治さんから受けた影響は大きかったですね。

〈高橋〉
王さんは、工藤さんが福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)でプレーされた時の監督で、その後球団の役員を歴任してこられましたね。

〈工藤〉
僕からすれば、子供の頃にテレビで観ていたスーパースターですから、最初は面と向かうと緊張してカチーンと固まっていました(笑)。野球に向かう時はとても熱いんですけど、戦いを離れると「何でも相談に来ていいよ」と、とても気さくに声をかけてくださる方でした。

いまでも印象に残っているのは、チームの成績が低迷していた時に、僕たちの乗っていたバスがファンの方々に取り囲まれ、卵を投げつけられながら罵声を浴びせられたことがありましてね。

そんな中でも王さんは、ファンに言い返したり僕たちを責めたりすることなど一切なく、じっと一点を見つめて微動だにされなかったんです。後に「あれが本当のファンなんだよ」とおっしゃるのを聞いて、本当にすごい方だと思いました。

その出来事がきっかけでホークスは変わり、優勝を果たすことができました。僕も王さんに倣って、もっともっと人間的に成長していかなければと痛感させられます。


(本記事は月刊『致知』2022年9月号 特集「実行するは我にあり」から一部抜粋・編集したものです)

◉本対談では、

 「若手を自分より早く成長させるのが上司の役目」
 「ひたすら繰り返すことの大切さ」
 「努力と根性は最高の言葉」
 「頭で考える前に体が動くようになれ」
 「優勝するチームはどこが違うのか」

など、自らの実力を磨き高めるヒント、指導者として組織や人材を伸ばしていく要諦が満載です。いま求められるのは、人間力――9ページにわたる白熱の対談をぜひご覧ください。詳細・ご購読はこちら【全文は致知電子版でもお読みいただけます】

~王貞治さんに『致知』へコメントを頂戴しました~

『致知』と出逢ってもう二十年近くになる。私はパーティーに招かれることも多くあるが、『致知』を愛読する皆さんの目力の強さには驚かされる。少しでも前に進もう、自分を磨いていこうとする方たちの集まりであることが伝わってくるからだ。

現状に満足せず、人の生き方に学びながら、自分を高める――。これは私が野球選手として、また監督として常に心懸け実践に努めてきた姿勢であり、『致知』を20年近く読み続ける中で、毎月教えられていることでもある。

人は時代の波に振り回されやすいものだが、『致知』は一貫して「人間とはかくあるべきだ」ということを説き諭してくれる。人生においてぶれない基軸を持つことがいかに大事であるか。私のような年代になると特に強くそう感じる。

『致知』は既に十一万人の読者がいらっしゃり、最近では若い読者が増えてきていると聞く。これからは私も『致知』に学ぶだけでなく、その学びのお裾分けを周りの方にしていきたいと考えている。本当に世の中に必要な本だと思うので、皆で力を合わせて『致知』
を広めていきたい。

創刊45周年、誠におめでとうございます。


◇高橋幸宏(たかはし・ゆきひろ
昭和31年宮崎県生まれ。56年熊本大学医学部卒業後、心臓外科の世界的権威と呼ばれた榊原仟氏が設立した榊原記念病院への入職を希望するも、新米はいらないと断られ、熊本の赤十字病院で2年間初期研修。58年榊原記念病院に研修医として採用。年間約300例もの心臓血管手術を行い、35年間で7000人以上の子供たちの命を救ってきた。手術成功率は実に987%を誇る。平成15年心臓血管外科主任部長、18年副院長就任。医学博士。著書に『7000人の子の命を救った心臓外科医が教える仕事の流儀』(致知出版社)。

◇工藤公康(くどう・きみやす
昭和38年愛知県生まれ。名古屋電気高等学校(現・愛知工業大学名電高等学校)卒業。56年ドラフト6位で西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に入団し、エースとして活躍。その後、福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)、埼玉西武ライオンズを経て、平成23年現役引退。24年から3年間、野球解説者・野球評論家として活動し、26年には筑波大学大学院に入学。27年福岡ソフトバンクホークスの監督に就任。令和3年退任。現在は野球解説者として活動。著書に『折れない心を支える言葉』(幻冬舎文庫)『55歳の自己改革』(講談社)など。

◎各界一流の方々の珠玉の体験談を多数掲載、定期購読者数NO.1(約11万8000人)の総合月刊誌『致知』。あなたの人間力を高める、学び続ける習慣をお届けします。

たった3分で手続き完了、1年12冊の『致知』ご購読・詳細はこちら
購読動機は「③HP・WEB chichiを見て」を選択ください


人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる