【オリンピアンの人間学】世界で勝つ選手は何が違うのか——柔道男子代表監督・井上康生

 

全日本柔道男子代表監督として低迷していた日本柔道界を見事復活に導いた若き指導者・井上康生さん。選手たちのやる気を引き出し、才能を開花させる独自の指導法を武器に、東京オリンピックに挑みます。そんな井上さんが、選手たちに特に意識して指導していること、世界の舞台で勝つために最も大切なポイントをお話しいただきました。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

強さの根本は心

(――【選手たちには】どんなことを厳しく指導されていますか。)

〈井上〉 
技術的なこともそうですが、やはり心構えの部分ですね。自分自身が本当に柔道に懸けているんだという姿勢。苦しく厳しい環境のもとで練習をする中で、時に人間ですから、弱音を吐いたりするかもしれません。だけど、強くなるために何が必要かを考え抜いて、そしてそれをひたむきに追い求めていく。

他の者たちから「ああ、さすが○○だな。あいつの背中を見たらやっぱり勝てないよな。もっと頑張らなきゃ」って思われる。それほどの練習量と質で他の選手たちを凌駕する。リーダーとはそうでなければならないと思います。

また、人間力の部分に関しても、例えば目上の方に対する礼儀だとか挨拶、何かしてもらった時に感謝の気持ちを伝える。一見当たり前のことなんですが、意外とできていないことがあると思います。そういうことも自然とできるリーダーを育てていきたいなと。

自分自身をしっかりとマネジメントできる人間が、勝負の世界で勝っていける一つのポイントだと思うんです。

(――伸びていく選手と途中で止まってしまう選手の差はどこにあると感じていますか。)

〈井上〉 
心技体といいますが、やはり心がしっかりと備わっていなければ、強くなれる者も強くなれないと思うんですね。その根底にあるのは、自分自身がどう生きるべきか、どういう選手になりたいかという夢や目標。強くなりたい、チャンピオンになりたいという心を持っているかどうか。ここがぶれてしまったら、どんなに努力しても最終的には崩れていってしまいます。

でも、それだけではダメだと思うんですね。そこにはやっぱり「俺は必ず成功するんだ!」という断固たる決意が要る。自分自身を信じる心を持って戦う選手と戦わない選手では、大きく差が出てくると私は思います。

また、出る杭は打たれるというように、一度勝っても勝ち続けることは難しい。やはり勝つとみんなが研究してきて抑えようとしますので、そこをさらに上に行く努力を積み重ねていかなければ、勝ち続けることはできないと思うんです。


(本記事は『致知』2015年3月号に掲載された井上康生さんのインタビュー「勝利への方程式」より一部抜粋したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


致知出版社編集部ブログ

◇井上康生(いのうえ・こうせい)
昭和53年宮崎県生まれ。父親の影響で5歳から柔道を始める。平成9年東海大学入学。11年バーミンガム世界選手権大会100㌔級優勝を皮切りに、12年シドニーオリンピック柔道100㌔級金メダル、13年全日本選手権大会100㌔級で優勝し、22歳にして3冠王者に輝く。同年東海大学卒業。東海大学大学院体育学研究学科体育学専攻修士課程修了後、綜合警備保障入社。20年現役引退。23年4月より東海大学体育学部武道学科専任講師、東海大学柔道部副監督に就任。24年11月より史上最年少で全日本柔道男子代表監督に就任。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる