お金に困らなくなるための方程式 小林正観

「宇宙を味方にする方程式」を掴み、多くの人々の人生を好転させてきた潜在能力研究家の故・小林正観さん。その方程式は難しいものではなく、たとえば、お金に困らなくなるためには、毎日、使ったトイレを綺麗にするだけでもいいと説きます。正観さんが説く「お金に困らなくなるための方程式」とは、どのようなものなのでしょうか。

☆『致知』を新規でご購読の方には、小林正観先生のご書著『宇宙を味方にする方程式』が特典に!お年玉キャンペーン(~1/8まで限定)の詳細はこちら 

トイレを綺麗にする

(小林)

宇宙の法則は2000個もありますから、全部しゃべっていくと時間がいくらあっても足りません。その中からいくつかピックアップしてご紹介しています。 

この2000個の中には実に多種多様なものがあって、たとえば、「お金と仕事に一生困らない方法」なんていう方程式もあります。 

お金と仕事に一生困らない方法、知りたいですか? 本当に? ではお教えしましょう。これは簡単。 

自分の使ったトイレは必ずきれいにして出てくること。これで終わり。そんなに簡単なことなんですかっていうほど簡単なことです。 

これについてはあとでもう少しくわしくお話ししますが、とりあえずここでは、今、頭の中で「どうしてそうなるのですか?」と聞こうとした人に対して、ちょっとアドバイスをしておきます。

 私はクリスチャンでもなく仏教とでもありません。もともとは35年ほど前にヘルメットをかぶって棒を振り回していた者です。「ということは野球部だったんですか」とお尋ねの人もいますが、そう言われれば確かに一浪(イチロー)でもありましたから野球部みたいなものかもしれませんが……昔も今もガチガチの唯物論者です。なおかつ精神科学研究会という怪しい世界の研究をしてきたという大変珍しいタイプの人間です。

 だから、宗教家ではありません。仏教徒でもないし、クリスチャンでもな。イスラム教徒でもありません。ときたま仏経典や聖書を読んだりしますが、それはあくまでもいろんなことを事実として知りたいという動機からであって、別に宗教家になりたいから読むわけではありません。

なぜかなぜかと問いかけることなかれ

(小林) 

その聖書の中におもしろいことが書いてあります。

「汝、なぜかなぜかと問いかけることなかれ」

この一文はなかなか奥が深くて、いい言葉です。「トイレ掃除をするとお金に困らなくなりますよ」という話を私がしたとき、皆さんが「どうしてお金に困らなくなるんですか」と聞いたとします。このように話を聞いた瞬間に質問をするということは、9割方、話の内容を否定して「受け入れたくない」と言っているのと同じです。「納得の行く説明を受けない限り、おれはやらないぞ」と言っているわけですね。

でも私の説明に納得しなければやらないという人への私の答えは「別にやらなくてもいいです」。どうしてかと説得してくれなければ自分はやらないと言うのだったら、別に私には説得する義務もないので、好きなようにしてください。

「おまえの言うとおりにトイレ掃除をしてやるから一回につき100万円払え」と言われたら抵抗してもいいですが、特にお金も絡まないし仲間を募る必要もないという状況のもとでは、ただやればいい。やった結果としてどうなるかは自分で確認できるわけですからね。それなのに保証がなければやらないというのだったら、別にやらなくてもいい。

宇宙方程式、宇宙の法則というのは、発見したらそれですべてが終わり。実に簡単なものなのです。いちいち理由を求めてはいけません。それに説明を求められても説明できるものでもありません。

というわけで、一生涯お金と仕事に困りたくないという人はせっせとトイレ掃除をしてください。この方程式を信じて掃除をしていれば、結果はおのずから出ますからご安心ください。

(本記事はキャンペーン特典『宇宙を味方にする方程式』から一部抜粋・編集したものです。『致知』を読むならいまがチャンス!この機会をお見逃しなく。月刊『致知』の詳細・購読はこちら

◇小林正観(こばやし・せいかん)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和23年東京都生まれ。中央大学法学部卒業後、旅行作家となる。学生時代より人間の潜在能力や超常現象、神秘学などを研究。著書に『宇宙を味方にする方程式』『宇宙を貫く幸せの法則』(致知出版社)など多数。201110月逝去。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる