難病の女の子 雪絵ちゃんと先生が交わした最後の約束

月刊『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が掲載されています。過去の記事の中から、掲載当時、大きな感動を呼んだインタビュー「難病の女の子 雪絵ちゃんと先生が交わした最後の約束」をご紹介いたします。

自分自身を丸ごと愛する

雪絵ちゃんは12月28日、雪のきれいな日に生まれた女の子で、多発性硬化症(MS)といって、頭の中のいろいろな部分が硬くなっていって、目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、手足が動かなくなったりする病気でした。

だけど雪絵ちゃんはいつも「雪絵はMSでよかったよ」と言うんです。「MSだから気づけた素敵なことがあるし、車椅子だからこそ知っている素敵なことがいっぱいあるよ。だからMSの私を丸ごと愛するの」って。

私はそんな雪絵ちゃんが大好きで、学校を離れてからもずっとお友達で、
「きょうはこんなことがあったよ」と話しては「かっこちゃん、よかったね」と言ってくれていました。でも、病気はどんどん進行して、ほとんど手足が動かせなくなってしまいました。

(中略)

雪絵ちゃんは10月に大きな再発があり、意識不明になりました。そして12月23日にはまた再発するのですが、翌日私は出版の件で1年前から韓国に行くことが決まっていたので、小松空港へ向かったのです。ところが、とってもいいお天気なのに飛行機が飛ばないのです。韓国の出版社の方にお電話したら「おかしいですね、羽田便も福岡便も出ていますよ。こっちもとても天気がいいのに」と。

仕方がないので、次の26日の便で行くことになりました。そして26日の9時、出発の準備をしていたら、電話のベルがなりました。雪絵ちゃんが亡くなった報せでした。

「かっこちゃん、どうしても聞いてほしいことがあるの」

お家へ駆けつけると、雪絵ちゃんは眠るような優しい顔で横になっていました。

お母さんは「雪絵はきょう亡くなろうと決めていたんだと思います」
とおっしゃいました。お正月になったら遠くの病院に転院することが決まっていて、お家が大好きな雪絵ちゃんはかつてその病院には行きたくないと言っていたそうで、「きっと28日の誕生日もお正月も家で過ごそうと思ったんだと思います」と。
 
私は韓国に行かなければいけない事情をお話ししたら、「雪絵は先生と行った温泉旅行がすごく嬉しかったみたいですから、形見のものを持って、雪絵を連れて行ってください」といくつか雪絵ちゃんのものをくださって、それを手に私はお通夜もお葬式にも出ないで旅立ったんです。韓国に着いてからも私は短かった雪絵ちゃんの人生を思っていました。

「MSでよかった」と言っていたけれど、本当は強がって言っていただけなんじゃない? 本当はつらい人生だったんじゃない? そんなふうに思っていたのですが、偶然持っていた荷物の中に、雪絵ちゃんがつくった詩がありました。

           *    *    *  

誕生日

私、今日うまれたの。

一分一秒の狂いもなく、今日誕生しました。

少しでもずれていたら、今頃健康だったかもしれない。

今の人生を送るには、一分一秒のくるいもなく
生まれてこなければいけなかったの。

結構これって難しいんだよ。

一二月二八日、私の大好きで、大切で、しあわせな日。

今日生まれてきて大成功!

「すのう」に生まれてきて、これもまた大成功!

(※すのう=雪絵ちゃんのペンネーム)

            *    *    *

私は悲しくて悲しくて、日本に帰ってきてからもご飯も食べられなかったし、夜も眠れませんでした。「これからは一体誰が私の話を聞いて“よかったね”って言ってくれるの」みたいな自分勝手な思いになっていたんです。このままじゃ自分自身がダメになってしまうなと感じた時、最後に雪絵ちゃんと話した日のことを思い出しました。

「かっこちゃん、きょうはどうしても聞いてほしいことがあるの。いまから言うことは、絶対にダメとか嫌とか言わないで」と何度も念押しするんですね。「いいよ、何でも聞くよ」と言うと、雪絵ちゃんは私にこう言ったんです。

「前にかっこちゃんは病気や障がいは大事だって言ったよね。人間はみんな違ってみんなが大事だということも科学的に証明されているとも言ったよね。それを世界中の人が当たり前に知っている世の中に、かっこちゃんがして」

“世界中なんて、そんなこと私には無理”と言いかけた時、雪絵ちゃんに「何にも言わないで。何でも聞いてくれるって言ったよね」と言われて、私は「分かったよ」と約束したんです。そうだ、雪絵ちゃんとの約束を果たさなきゃ。この思いが私に再び立ち上がる力を与えてくれました。そして本や講演を通じて、多くの人にそのことを伝えたいと思うようになったのです。

(本記事は月刊『致知』2010年10月号 連載「生命のメッセージ」から一部抜粋・編集したものです。人生や仕事、人材育成のヒントが満載、月刊『致知』の詳細・ご購はこちら

山元加津子(やまもと・かつこ)
―――――――――――――――――――――
昭和32年石川県生まれ。富山大学卒業後、特別支援学校(旧・養護学校)の教諭となる。通称「かっこちゃん」。『本当のことだから』『宇宙は、今日も私を愛してくれる』『たんぽぽの仲間たち』(ともに三五館)など著書多数。障がいを持っている人の意思伝達についての活動も行っている。http//:ohanashi‐daisuki.com

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは