『人生心得帖』——森信三、坂村真民、渡部昇一、ゲーテら古今東西の名言52を収録

弊社から毎年発刊している「致知手帳」には、日々の行動指針となる箴言を掲載した冊子「人生心得帖」が添えられています。この冊子を「ぜひまとめて書籍にしてほしい」というご要望にお応えし、生まれたのが『人生心得帖』です。『致知』編集長が感銘を受けた古今東西の先達の言葉52篇と、言葉への理解がより深まる解説を付記。本書から一部をご紹介いたします。

トーマス・カーライルの言葉

「自分の一生の仕事を見つけた人が最も幸福である。彼は他の幸福を探す必要がない」

カーライル(1775~1881)は19世紀のイギリスで活躍した歴史家であり思想家です。代表作の一つに『衣装哲学』があり、日本でも昭和のはじめに多くの若者に愛読されていました。

この人には有名な逸話があります。自分が何年もかけて書き上げた原稿を、友人の奥さんが紙くずと思い燃やしてしまったのです。平謝りに謝る友人に、カーライルは一切語気を荒げず、「また書き直せばよい」と言って、大部の原稿をまた一から書き直したという話です

その人柄を語って、これ以上の逸話はないでしょう。この言葉はそのカーライルが自らの仕事観を語ったものです。

カーライルに限らず、一流の人は確固たる仕事観を持っています。彫刻家のロダンはこう言っています。「仕事は生活の方便ではない。生活の目的であり、働くことが人生の価値であり、人生の歓喜である」

偉大な人格と仕事観は無縁ではないように思います。

人生の達人たちが残した名言・金言

●朝には希望に起き、昼には努力精進に生き、夜には反省と感謝で眠る。――平澤興

●三つの時の写真と/七十三歳の写真とを/並べて見ていると/守られて生きてきた/数知れないあかしが/潮のように迫ってくる/返しても返しても/返しきれない/数々の大恩よ――坂村真民   

●尊敬の念を持たないという人は小さな貧弱な自分を、

現状のままに化石化する人間です。――森信三

●熱をもて。誠をもて。――北里柴三郎

●鉄は錆によって朽ちる。人間は愚痴によって自分を崩す。――釈尊

●制限の中において初めて名人はその腕を示す。――ゲーテ

 


本書に登場する先哲たち(順不同)

坂村真民、平澤興、トーマス・カーライル、安岡正篤、孟子、蘇老泉、松下幸之助、西郷隆盛、松原泰道、二宮尊徳、森信三、ペスタロッチ、欧陽脩、西晋一郎、釈尊、エドワード・ギボン、渡部昇一、道元、常岡一郎、相田みつを、ゲーテ、中江藤樹、暁烏敏、東井義雄、北里柴三郎、慈雲尊者、李白、御木本幸吉、近藤鈞司、釈尊、鬼一法眼……

 

『人生心得帖』藤尾秀昭・監修 定価=本体1200円+税

 

 

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる