管理職に就いたら必ず読みたいリーダーの教科書『佐藤一斎「重職心得箇条」を読む』

江戸末期の儒学者であり、教育者として当時の藩士たちに多大な影響を与えた佐藤一斎。本書はその一斎の著書である『重職心得箇条』に現代語訳を付し、安岡正篤師が解説を施したものです。「大臣の心得」「包容の心」「機に応ずるということ」など、重職の心得を全17条にまとめた本書は、経営者や管理職の方には必読の一書。第2条の「大臣の心得」から、その一部をご紹介します。

★本年9月1日、月刊『致知』は創刊41周年を迎えました。9月10日(火)から9月20日(金)まで、月刊『致知』の定期購読を新規でお申込みいただいた方に素敵な特典をご用意しました。『致知』を読み始めるなら今がチャンス。ぜひこの機会にキャンペーンにご参加ください。詳細はこちら

大臣の心得

「二 大臣の心得は、先づ諸有司の了簡を尽さしめて、是を公平に裁決する所其職なるべし。もし有司の了簡により一層能き了簡有りとも、さして害なき事は、有司の議を用るにしかず。

有司を引立て、気乗り能き様に駆使する事、要務にて候。又些少の過失に目つきて、人を容れ用る事ならねば、取るべき人は一人も無之様になるべし。功を以て過を補はしむる事可也。又賢才と云ふ程のものは無くても、其藩だけの相応のものは有るべし。

人々に択り嫌なく、愛憎の私心を去て、用ゆべし。自分流儀のものを取計るは、水へ水をさす類にて、塩梅を調和するに非ず。平生嫌ひな人を能く用ると云ふ事こそ手際なり。此工夫あるべし」

*   *  *  *  *

「大臣の心得は、先づ諸有司の了簡を尽さしめて、是を公平に裁決する所其職なるべし」

大臣たる者の心得。国家、藩、その存在の場の代表になる人はその下にいるいろいろの役目の人、つまり諸有司の了簡を尽さしめなければならない。

「了簡」の簡の字は、たいてい見るという字を書きますが、ここでは、簡という字を用いています。「りょうけん」と読みます。大変面白い熟語です。

「了」は悟るという意味である。悟るから物事を解決することができるそれで「おわる」という意味にもなる。「簡」は「選ぶ」、いろいろな問題を、これは要らない、これはどうでもよい、これはこうしなければならない、というように選ぶこと。

そして選ぶということは、複雑なものに筋を通す、すなわち「簡」であり、シンプリファイです。いろいろの役目の人物に「それはこうだ」「こうすればよい」ということを十分に議論をさせ、その議論を公平に裁決するところが重職たる者の職務であろうということです。

「もし、有司の了簡により一層能き了簡有りとも、さして害なき事は、有司の議を用るにしかず。有司を引立て、気乗り能き様に駆使する事、要務にて候」

さして害のない事はそれぞれの役目の者のいう事を用いたことがよいという事です。そうするとその役目にある者は、自分の考えが通るから、「気乗り能き様に」了解し、賛成を得ることになってまことに調子がよい。

そのようにいろいろの役目の者を駆使することが重役たるものの肝腎のつとめだということですね。

「又些少の過失に目つきて、人を容れ用る事ならねば、取るべき人は一人も無之様になるべし」

アラ探しをしたら、アラのない人間はいない。用うべき人間はなくなってしまうという事です。

「功を以て過を補はしむる事可也」

これはあの過失だ、いけないところだということあれば、それに対する功業、手柄、つまりプラスを奨励してマイナスを補わせるようにしたらよい。

「又賢才と云う程のものは無くても、其藩だけの相応のものはあるべし」

二百六十余の藩がある。それぞれの藩にはその藩だけの相応の者はあるだろう。

「自分流儀のものを取計るは、水へ水をさす類にて、塩梅を調和するに非ず」

これではうまい味にはならない。料理にならない。

「平生嫌ひな人を能く用ゐると云ふ事こそ手際なり。此工夫あるべし」

これは一斎先生の「重職心得箇条」の中での一つの名言といわれるものであります。どうも人間というものは好き嫌いがあって、いやだ嫌だとなると、とかくその人を捨てるものであります。

たとえ自分の気に入らなくても「できる」「これはよくやる」とか「これは正しい」「善い」ということになれば、たとえ嫌いな人間でもこれをよく用いる。才能を活用する。

これが重職たるものの手際である。この工夫がなければならないということでもっともな意見です。

(本記事は『佐藤一斎「重職心得箇条」を読む』から一部抜粋。『致知』には人間力・仕事力を高める記事が満載!詳しくはこちら

◇安岡正篤(やすおか・まさひろ)
━━━━━━━━━━━━━━━━

明治31年大阪市生まれ。大正11年東京帝国大学法学部政治学科卒業。昭和2年(財)金鶏学院、6年日本農士学校を設立、東洋思想の研究と後進の育成に努める。戦後、24年師友会を設立、政財界のリーダーの啓発・教化に努め、その精神的支柱となる。その教えは人物学を中心として、今日なお日本の進むべき方向を示している。58年12月逝去。著書に『いかに生くべきか――東洋倫理概論』『日本精神の研究』『王道の研究――東洋政治哲学』『人生、道を求め徳を愛する生き方――日本精神通義』『経世瑣言』ほか。講義・講演録に『人物を修める』『易と人生哲学』『佐藤一斎「重職心得箇条」を読む』『青年の大成』などがある(いずれも致知出版社)。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる