出世したければ、自ら「箸(はし)」を取れ! 現代語訳でこんなにも面白い『論語と算盤』

言わずと知れた渋沢栄一の代表著作『論語と算盤』。弊社刊で好評をいただいている「いつか読んでみたかった日本の名著」シリーズでは、この不朽の名著をこれ以上なく分かりやすく現代語訳しています。ここでは、これから出世したいと意気込む青年たちに向けて栄一翁が説いた、「引き上げてもらえる人」の働き方について書かれた箇所をお届けします。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

自ら箸を取れ

 ――〔以下、弊社刊『論語と算盤』(奥野宣之・訳)より抜粋〕――

青年の中には「働きたい気持ちは大いにあるのに、頼れる人がいない」とか「引き立ててくれるひとがいない」「後ろ盾になってくれる人がいない」とか言って嘆いている者がいます。

なるほど、たしかにどんなにすぐれた人物であっても、その才気と知略に気がつく先輩なり周りの人なりがいなければ、その手腕を発揮する手立てがありません。

対して、デキる先輩が自分のことをよく知っているとか、親類に有力者がいるとかいったことがある青年は、その器量に目をかけてもらえる機会が多いので、比較的に恵まれているかもしれません。しかし、それは普通以下の人の話です。

もしその人に手腕があり、優れた頭脳を持っているなら、たとえ昔からの有力な知人や親類がいなくても、世間が放っておかないでしょう。そもそも今の世の中は人が多い。役所でも会社でも銀行でも、人が余って仕方ないくらいです。

それなのに、上司が「この人なら安心だ」と仕事を任せられるような人となると少ない。そんなわけだから、どこでも、優秀な人物なら、いくらでも欲しいのです。

このように世の中はお膳立てをして待っているのだから、これを食べるか食べないかは、箸を持つ人しだいです。 ごちそうを並べた上に、口に運んでやるほど、先輩たちや世の中はヒマではないのです。

あの木下藤吉郎は、低い身分から出世して、「関白」という大きなごちそうを食べた。けれども、彼は信長に口に運んでもらったわけではありません。自分で箸をとって食べたのです。

秀吉の長所と短所

乱世の豪傑が、「礼(れい)」というものを身につけなかったせいで、家の存続や発展が上手くいかなかった――こんな例は、単に今の明治維新の元老ばかりではありません。どんな時代でも乱世に生きた人はみんなそんなものです。

私なんかも「家が上手くいってます」なんて偉そうなことは言えない一人ですが、あの希代の英雄、太閤秀吉こそ「礼」で家の存続が上手くいかなかったことでは、最も有名な人でしょう。もちろんたたえるべきことではないけれど、乱世に生きた人にとって、こういうのは仕方のないことです。あまり酷に責めることはできないだろうと思います。

それにしても、太閤・豊臣秀吉の最も大きな短所があるとすれば、それは家のことが上手くいかなかったこと、そして「機略」があっても「計略」がなかったことでしょう。そして、彼の長所はといえば、言うまでもなくその勉強、その勇気、その機知、その気概です。

このように挙げた秀吉の長所の中でも、「長所中の長所」と言えるのは、その「勉強」です。私はこの秀吉の勉強ぶりに心から敬服しています。青年子弟の諸君にも、ぜひ秀吉のこの「勉強」を学んでほしいと思っているのです。

「事の成るは成るの日に非ずして、その由来する所や必ず遠し(大きな仕事はいきなりできるものではなく、遠い昔からの努力の積み重ねが必要である)」

という言葉があります。秀吉が希代の英雄になることができたのは、なによりその「勉強」のおかげなのです。

『致知』2021年8月号の特集テーマは「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」
表紙&トップインタビューは、渋沢栄一翁が初代会長を務めた帝国ホテルの定保英弥社長に飾っていただきました。
脈々と受け継がれるおもてなしのDNA、人生・仕事のヒントがぎっしり詰まったロングインタビューは必見です!


(本記事は致知出版社 いつか読んでみたかった名著シリーズ『論語と算盤』〈奥野宣之・訳〉より一部を抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


致知出版社編集部ブログ

◇渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)
1840~1931年。実業家。埼玉生まれ。一橋家に仕えて幕臣となり、パリ万国博覧会幕府使節団に加わって渡欧。維新後、大蔵省官吏を経て第一国立銀行を設立。各種の会社の設立に参画し、実業界の指導的役割を果たした。日本資本主義の父と称される。

『論語と算盤』(上巻・自己修養篇)
『論語と算盤』(下巻・人生活学篇)

◉渋沢栄一の不朽の名著をこれ以上なく分かりやすくした画期的な現代語訳。シリーズ初となる上下巻本で読み応えも抜群です。上巻は「自己修養篇」・下巻は「人生活学篇」と、それぞれ気になるところから読み始めていただけます!

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる