日本航空(JAL)再建に見る、稲盛和夫の経営哲学の神髄

 

2010年、戦後最大の負債額を抱えて経営破綻した日本航空(JAL)。誰もが不可能と断じたその再建を見事成し遂げたのが稲盛和夫さんです。稲盛さんはJALの社員をどのようにして鼓舞し、組織を甦らせ、再建を成し遂げていったのか。稲盛さんとともに再建に尽力した日本航空元副社長・佐藤信博さんと京セラ元取締役執行役員常務の大田嘉仁さんに語り合っていただきました。

君は誰のために仕事をしているんだ?

(佐藤)

稲盛さんも、当時は朝から晩まで凄まじいスケジュールでしたけれども、よく勉強会の講義を引き受けてくださいましたね。

 (大田)

あの再建事業に誰が一番真剣だったかといえば、やっぱり稲盛さんだったと思うんです。

会議でも、資料を見て真っ先に問題点を見出し、発言におかしな点があれば即座に指摘される。あれはすごい集中力でした。 

勉強会での稲盛さんのお話で、佐藤さんが特にインパクトを受けたのは何ですか。

 (佐藤)

やっぱり「利他の心」ですね。 

稲盛さんのお話には、JALグループの社員に対する深い愛情がひしひしと伝わってくるんです。 

「利他」という言葉はそれまで聞いたこともなかったんですが、「君は誰のために仕事をしているんだ?」と問い掛けられた時には、それまでいかに自分勝手な仕事をしていたかを思い知らされました。 

JALの整備士8千人、家族も含めて3万人以上の面倒を自分が見ているんだ、などと大きなことを言っていたこともあるんですけど(笑)、お山の大将に過ぎなかった自分が本当に恥ずかしかったですね。 

やはり社員のため、お客様のため、それから多大なご迷惑をおかけしている銀行の皆さん、株主の皆さんのためにも、心を入れ替えて再建に邁進しなければと、それまでにも増して強く思うようになりました。 

(大田) 

稲盛さんのJALの皆さんに対する深い愛情は、私も強く感じていました。 

もう80に手が届こうかという高齢にもかかわらず、誰もが失敗するという困難な仕事を無給で引き受けられたわけですし、稲盛さんの日々の言動の一つひとつには、何としてもJALを救いたいという思いが溢れていましたね。 

(本記事は『致知』20188月号「変革する」から一部を抜粋したものです) 

★「かくてJALは甦った」の読みどころ★

・稲盛和夫を突き動かした3つの大義

・利益なくして安全なし

・転機となった「リーダー教育」

・愛情がなければ変革は成せない 

☆稲盛和夫氏のJAL再建の軌跡、稲盛哲学が分かる貴重な対談が読める最新号「変革する」。詳細・ご購読はこちらから  

稲盛和夫さんの『致知』へのメッセージ

日本人の精神的拠り所として、長きにわたり多大な役割を果たしてこられたことに、心から敬意を表します。『致知』は、創刊以来、人間の善き心、美しき心をテーマとする編集方針を貫いてこられました。近年、その真摯な姿勢に共鳴する読者が次第に増えてきたとお聞きしています。それは、私が取り組んでまいりました日本航空の再生にも似て、まさに心の面からの社会変革といえようかと思います。今後もぜひ良書の刊行を通じ、人々の良心に火を灯し、社会の健全な発展に資するという、出版界の王道を歩み続けていただきますよう祈念申し上げます。

稲盛和夫(いなもり・かずお)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和7年鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。34年京都セラミック(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、平成9年より名誉会長。昭和59年には第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任、平成13年より最高顧問。22年には日本航空会長に就任し、27年より名誉顧問。昭和59年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。また、若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。著書に『人生と経営』『「成功」と「失敗」の法則』『成功の要諦』(いずれも致知出版社)など。

佐藤信博(さとう・のぶひろ)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和25年大分県生まれ。44年日本航空入社。羽田整備事業部長、整備本部副本部長などを経て、平成22年2月日本航空執行役員整備本部長、JALエンジニアリング代表取締役社長に就任。24年2月専務執行役員整備本部長、JALエンジニアリング代表取締役社長。26年4月代表取締役副社長(28年3月退任)。29年6月公益社団法人日本航空技術協会代表理事会長に就任。

大田嘉仁(おおた・よしひと)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和29年鹿児島県生まれ。53年立命館大学卒業後、京セラ入社。平成2年米国ジョージ・ワシントン大学ビジネススクール修了(MBA取得)。秘書室長、取締役執行役員常務などを経て、22年12月日本航空専務執行役員に就任(25年3月退任)。27年12月京セラコミュニケーションシステム代表取締役会長に就任、294月顧問(30年3月退任)。現職は、稲盛財団監事、立命館大学評議員、日本産業推進機構特別顧問。

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら