心の鍵をひらく3つのヒント

生き方


『致知』では毎号、テーマを
立て特集を組む編集方針を
採っており、冒頭には、
その号の特集テーマを読み解く
「特集総リード」を掲げています。

たった一ページの中に、
心を鼓舞する言葉や、
人生の指針となる言葉が
凝縮されています。

本日は過去の号からその一部を
ピックアップしてお伝えします。

───────────────────

人生をひらくとは
心をひらくことである。

心をひらかずに
固く閉ざしている人に、
人生はひらかない。

「ひらく」には、開拓する、
耕す、という意味もある。

いかに上質な土壌も
コンクリートのように
固まっていては、
よき種を蒔いても
実りを得ることはできない。

心をひらき、心を耕す──

人生をひらく第一の鍵である。


社会教育家の田中真澄さんが
講演でよくされる話がある。


人間の能力は、知識、技術、
そして心構えの三辺で表される。

どんなに知識と技術があっても、
心構えが悪ければ、能力は出てこない。

すべては底辺の心構えいかんにある。

さらに、よき心構えは
積極性×明朗性で表される、という。

なるほど、と思う。

消極性×陰気では何事も成し得ない。


(中略)


心構えに関する田中真澄さんの卓見がある。

「心構えというのは、
 どんなに磨いても
 毎日ゼロになる能力である。

 毎朝歯を磨くように、
 心構えも毎朝磨き直さなければならない」

人生をひらく第二の鍵である。


『論語』と並ぶ古典『大学』は
 全編これ、人生をひらく
 教えに満ちている。

中でも心に響く一文がある。

「必ず忠信以て之を得、
 驕泰(きょうたい)以て之を失う」

まごころを尽くしてすれば
何事も成功するが、反対に
おごり高ぶる態度ですれば
必ず失敗する、ということである。

人生をひらく第三の鍵といえよう。


最後に、二宮尊徳の言葉。


「太陽の徳、広大なりといえども、
 芽を出さんとする念慮、
 育たんとする気力なきものは仕方なし」

発憤力こそ人生をひらく
源であることを忘れてはならない。



   ───『致知』2009年7月号
      「特集総リードより」