偉人たちの人間学 坂村真民

プロフィール

坂村真民 さかむら・しんみん
明治42年熊本県生まれ。昭和6年神宮皇學館(現・皇學館大學)卒業。
22歳熊本で小学校教員になる。25歳で朝鮮に渡ると現地で教員を続け、2回目の召集中に終戦を迎える。21年から愛媛県で高校教師を務め、65歳で退職。
37年、53歳で月刊個人詩誌『詩国』を創刊し、平成16年95歳まで通算500号を発行する。
18年97歳で永眠。仏教伝道文化賞、愛媛県功労賞、熊本県近代文化功労者賞受賞

念ずれば花ひらく

坂村先生が8歳の時に、小学校長をしていた父が40の厄を越えずに急逝。36歳の母と5人の幼子が残されました。そこから一家の生活は一変し、5人の幼子を育てるために母は懸命に働きました。愚痴を言う代わりに、いつも母が唱えていた言葉が「念ずれば花ひらく、念ずれば花ひらく」。この言葉が真民先生の詩魂に火をつけ、詩道一筋の人生を歩む原点となりました。
詩壇には目を向けず、「自分という人間を創り上げるために、そして人々の心に光を灯すために」苦しみから立ち上がる詩を書き続けました。孤独の一本道。しかし、コツコツと希望を持って歩いていくと、前から光が差し、後ろから差しのべられる手があったのだといいます。
「自分を作るために詩を書く」「そして人びとの心に光を灯す」

真民先生は午前零時に起きて、夜明けの霊気と星々の光りを吸引して、自分の詩は生まれると言っていました。午前3時30分頃になると、真民先生は近くの重信川まで歩いて行きます。真民先生は地球は生きていると思っていますから、地球の地面に口をつけて「地球さん、ありがとう」って感謝の念を込めて、独特のお経を読んで帰ってくる。そういう生活を毎日、何十年とやっていた人でした。